« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月21日 (月)

試験形態 記述式とマークシート式

今学期、記述式で受けた単位認定試験は4科目すべてAだった。
そういえば、昔は記述式試験が多かったが、記述式で@を
貰ったことはあまりないことに今更ながら気がついた。

成績表で確認してみる。
 「ロシア語」(4単位)     87年1学期
 「美術史と美術理論」    87年1学期
 「動物の行動と社会」    88年1学期
 「スペイン語」(4単位)    88年3学期
 「産業技術の動向 II」    89年2学期
 「Japanese I」          89年2学期
 「技術史」           90年1学期
 「Japanese II」         90年2学期
 「国際経済学」        91年1学期
 「地域社会と教育」      93年2学期
 「科学技術史」        96年1学期

おぼろげな記憶を頼りにリストアップしてみたら、これしかない。
この中にも、記憶違いで、マークシート式だったのもあるかも。
え~っ! 今世紀になってから記述式で@貰ったことないのか。

若い頃卒業した大学・大学院も、放送大学グランドスラム後に
卒業した慶応(通信)も、試験はすべて記述式だった。

大学の試験は、六法全書、複雑な公式で計算が必要な科目、
中級以上の外国語など以外は、すべて持込なしで記述式で
あるべきだと言うのが私の持論なのだが、私は実は論述は
苦手なのだろうかと気になっていたら、貴重なデータがあった。

http://www.ouj.ac.jp/hp/osirase/foundation/pdf/2010_6/5_9.pdf
ここの8~14頁に、'09年1学期 単位認定試験の科目別得点
分布表が掲載されている。

それによると私が今学期受験した4科目(受験学期は違うが、
記述式の場合、設問の難易度や採点の基準は学期によって
変わらないと思われる)は
 「市民と社会を知るために」08  受験者491名中@1名
 「市民と社会を考えるために」07 受験者572名中@16名
 「現代の国際政治」08       受験者383名中@14名
 「アグリビジネスの新たな展開」 新設科目のためデータなし

@はすべて90~99点でで、100点は一人もいない。
マーク式だと受験者820名中@が731名、うち100点が570名
という馬鹿馬鹿しい科目(「博物館概論」07)もあるから、
記述式は、合格率はマーク式と変わらないが、採点基準は
かなり厳しいといえると思う。

記述式で@を取るためには、試験前にテキストパラパラでは
難しいようだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

【同時進行】エキスパート5つめ「アジア研究」get

WAKABAで2学期単位認定試験の成績を確認。エキスパート
5つ目「アジア研究」プランの要件を満たしたので、申請する。

【10年度2学期受験科目と成績】
    (評価の後の数字は前学期又は前々学期の平均点)
 ●「市民と社会を考えるために」07  A (70.6)
 ●「市民と社会を知るために」08    A (66.6)
 ●「現代の国際政治」08        A (76.9)
 ●「国際経営」09             B (66.6)
 ●「アグリビジネスの新たな展開」10  A (78.0)
 ●「アジアの社会福祉」10       @ (75.7)

  【既修科目 成績 履修年度 学期】
 ◎任意の外国語科目【4単位】
 ●「アジアと漢字文化」09      B 10年1学期
 ●「前近代の東南アジア」06    @ 09年1学期
 ●「中央アジアの歴史・社会・文化」04 @ 09年1学期
           ◎必修  ●選択

【エキスパート以外の今学期受験科目と成績】
  「英語総合B」07           @ (67.2) 
  「初めてのアラビア語:文化編」(面) 合
  「初めてのポルトガル語:会話編」(面) 合

やっと5/23か。まだまだ先は長い。09年12月時点で既に
エキスパート10プラン取得した人がいるそうなので、何か
周回遅れを一生懸命走っているような気がしている。

ともかくこれで放送大学の総単位数は591単位
(うち面接96)になった。外国語は13ヶ国語計171単位。
これは誰にも負けていないはずだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

エキスパート5年分の取得順と予定科目決定

あと数日で今学期の成績が発表になる。昨年は2月17日に
日付が変わると同時にシステムWAKABAで確認できた。

来学期に継続して学籍がある人や、今学期の単位次第で
卒業が確定する人は、合否がもっと早く確認できる裏技が
WAKABAにあるのだが、合否に関係なく今学期で学籍が
途切れる選科履修生にはその裏技は使えない。

ヒマなので、エキスパートグランドスラムのための履修順を
シミュレートしてみた。08/10/04付のブログにも書いたが、
エクセルを使って、行に科目名、列にプラン名を入力し、
交差したところに必修◎、選択必修○、選択●を入力し、
科目名を50音順に並べ替えた上で、◎がついた科目を
先に出し、◎○●の合計がが多い科目順に並べ替えて、
既修科目・既得プランの行・列を(例えば)黄色で塗りつぶし、
最後に各プラン毎に既修単位を数えておけば、自動的に
次に狙うプラン名と、必修科目、使い回しの効く科目の順に
登録科目が決定する。

但し、科目の有効期限は開講から8年間なので、使い回し
が効く科目もその期限内に使わないといけない。

例えば「市民と社会を知るために」08は5プランの選択
科目に指定されているが、2015年までしか通用しない。
来年度に履修すると、5年間しか有効期間がない。

このような例は意外に多く、履修順を変更したり、一学期に
2プラン取ることにしたり、結構頭を使ったが、それでも
既修の「表象としての日本」04は、選択科目に指定されている
4プランのうち、1プランは期限切れになることが分かった。

ともかく15年1学期までの取得順と履修予定科目が決まった。
予定通り行けば、15年1学期終了時で全23プランのうち
17プランが取得できることになる。さらにシミュレーションは
可能だが、科目名もどんどん変わるので、この辺でやめた。

その時点でエキスパート関連の総単位数は79科目
158単位、うち30科目60単位は既に取得した。
単純計算だと1プラン10科目20単位、17プランでは
340単位になるはずだから、かなり少ない。

私が1989年、放送大学をはじめて卒業した時の単位数は、
4年間で176単位(入学前認定除く)だから、頑張れば
2年でも全部とれないことはない。尤も、当時は3学期制で
休みがない分、1学期あたりの単位数は少なかったが。

それでもどうしても無駄があって、1プランで14科目にも
なってしまうところもある。もう少し合理化できるかどうか
いろいろシミュレーションを楽しみたいところだ。

捕らぬ狸の皮算用と言うが、私はまもなく69歳になる。
そもそも5年後に生きているのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »