« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

1学期登録可能単位数に上限 【名誉学生】

名誉学生はネット経由の科目登録ができなくて、所定書類
による郵送のみなのだが、来学期の科目登録申請書を
受付初日の13日に提出した後、残った書類を見て
いたら、重要なお知らせがあるのに気がついた。

曰く「平成25年度第1学期より・・・1学期間に登録できる
単位数に上限を設ける・・・予定」。「今回・・・については
従前通り」だが「単位を取得できる範囲内で、無理のない
登録をお願いします」とのこと。

名誉学生の制度ができて、旧6専攻または新5コース
を全部卒業した学生に以後の選科または科目履修生
としての入学金・授業料(印刷教材含む)を全額免除
する制度ができたのが、2010年4月。2009年2学期
以降の授業料等が無料になったので、私の場合
既に(次学期含め)642,000円トクをしたことになる。

毎学期エキスパート狙いなので、取得単位数は
やや多めだが、4年間で124単位という標準から
見れば、まず妥当なところだろうと思う。ちなみに
私が放送大学最初の4年間で取得した単位は
175で、うち外国語が56単位である。当時外国語は
第1外国語8(必修)、第2外国語4(代替科目でも可)
の計12単位しか卒業要件にならなかったので、
ほぼ超過分だけ卒業単位が増えた勘定になる。
たしか同期には250単位ぐらい取って他大大学院
に進学した人がいたはずだ。

授業料無料なら、膨大な科目登録をして、送ってきた
テキストをネットで売れば儲かるぞ、などの話は最初
からあった。それほど悪質でなくとも、そのうちに読もう
と思う本をコレクションするために、必要以上の登録を
する人はいたかも知れない。

私自身、一体1学期に何単位ぐらい取れるものか試しに
チャレンジしてみようという誘惑に駆られたものである。

来年からの登録制限は何単位ぐらいになるのだろう?
ただ私に関しては来年度から新設される情報コースに
全科履修生として入学するつもりなので、授業料は
正規に納めなくてはならないはずである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土)

【同時進行】エキスパート10個目「食と健康アドバイザー」獲得

システムWAKABAで1学期の成績が発表された。既に裏技で
合格は確認はしていたが「人口減少社会のライフスタイル」11
のBはいかんねぇ。油断大敵、気をつけなくちゃ。

早速エキスパート10個目「食と健康アドバイザー」の
申請書を書く。最初のエキスパートが08年2学期。
やっと10/24までこぎ着けたが、まだまだ先は長い。

【12年度1学期エキスパート関連受験科目と成績】
  (評価の後の数字は前学期または前々学期の平均点)
  ◎必修 ●選択
 ◎「食と健康」12           @  新規開講科目
 ◎「食品の安全性を考える」08     @  (92.3)
 ◎「公衆衛生」09              @  (74.3)
 ◎「変動する社会と暮らし」07      @  (75.4)
 ●「人口減少社会のライフスタイル11 B  (73.6)
 ●「心理学概論」12            A 新規開講科目
 ●「バイオテクノロジーと社会」09   @  (83.2)
【既修科目 成績 履修年度・学期 受験学期の平均点】
 ◎「アグリビジネスの新たな展開」10 A 10年2学期 (74.3)
 ●「芸術・文化・社会」06        A  08年2学期 (68.8)
 ●「表象としての日本」04        A 08年2学期 (71.7)

【エキスパート以外】
  「基礎からの英文法」08                @   (90.0)
   「中国語基礎」08            A (74.4)

しかし控えめなダイエットすら実行できなくて、高校卒業
当時は40キロなかったと言っても誰も信用してくれない
私が「食と健康アドバイザー」のエキスパートでいいんだろうか?

ところで
http://tuba-expertus.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-2e4d.html
「人口減少・・・」の成績不振の原因となった
桐光学園の松井君は、期待通り甲子園で大活躍。
第一戦対今治西戦が奪三振22個と10連続三振の
甲子園新記録、第二戦対常総学院戦が19奪三振と
2試合連続毎回奪三振でベスト16に進出。頑張れ!
とブログテーマに関係ないことをつい書きたくなる。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

【同時進行】エキスパート11個目は「福祉コーディネーター」狙い

通称「裏技」解禁で、今回の試験は全部合格だとわかった。
裏技とは、「システムわかば」の次学期科目登録画面で、
一足早く合否が確認できる方法である。

これでエキスパート10個目「食と健康アドバイザー」は
完了、早速次を物色する。
11個目は「福祉コーディネーター」に決めた。当初の
予定では、12個目「健康福祉指導」も一緒に取るつもり
だったが、来年度情報系コース新設でもう一度全科生
になれるはずなので、「情報科学の基礎」07と「情報の
世界」10を登録して情報系の予習をしようと思い、エキ
スパートは一つにした。この2科目は基礎・一般科目
なので、卒業要件には入らない。

ということで、2学期の登録はエキスパート関連が
 ○「現代の生活問題」11
 ○「欧米の社会福祉の歴史と展望」11
 ○「障がいとともに暮らす」09
 ○「高齢者の生活保障」11     ○は選択必修

外国語が
 「韓国語入門 I 」12     未受験持ち越し
 「初歩のアラビア語」11   未受験持ち越し
 「スペイン語入門 II 」07
スペイン語は今年度で閉講なので、韓国語と同一
試験日時だが、とりあえず登録して、受験は来年度
に回す。

その他が
  「情報科学の基礎」07
 「情報の世界」10
 「初歩からの数学」12
 「身近な統計」12
 「論文のためのデータ処理の基礎」(面)

の計12科目となった。これから来年1月まで、
通信指導の時期にテキストパラパラを除いて、
勉強しない日々が続くんだろうなぁ。
ちょっとは頑張れよ。>自分。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

苦手な心理学

昨日で今学期の単位認定試験がすべて終わった。

最終日の「心理学概論」12、予想通りできなかった。
多分普通の人にはさして難しくない設問なんだろうが、
どうも興味が持てなくて「乗ってこない」のである。

私は若い頃教育学部を卒業したので、心理学系は
一通り勉強した。食わず嫌いの段階ではないはずだが、
どうも苦手で、放送大学の「発達と教育」専攻卒業の
際は、心理学からなるべく逃げていた。
 「心理学」  92年1学期  @
 「発達心理学 I 」 86年2学期  A
 「知能と創造性」 85年2学期  A
の3科目だけである。 慶応通信(文)の時は心理学系は
全部無視した。

しかし放送大学では心理学は最も人気が高い。
09年1学期には「心理カウンセリング序説」09、「心理学
研究法」08、「心理学史」05、「心理学入門」06とも
それぞれ受講者が1500名前後いて、初級英語、看護師系
科目に次いで大賑わいである。

大学院の競争率には仰天する。2002年大学院開設
初年度の「臨床心理」専攻は出願者2,256名合格者44名
でなんと56.4倍(平14年3月OnAir65号)、その後も30倍
前後の競争率が続き、最近はやや落ち着いたがそれでも
ずっと10倍を超えている。

心理系科目を指定単位数取れば放送大学だけで「認定
心理士」の資格が取れ、大学院を修了すれば実務
経験1年以上を経て「臨床心理士」受験資格が得られる
のが人気の秘密だろう。

私が何故心理系を避けるようになったか、今になると
思い当たる節がある。教育学部の友人には心理系が
多かったので、何度も心理テストの被検者になったが
そのたびに「性的不満」などと言う判定がついてくる。

「あなたは意識していなくても意識下にある意識を
分析するのだ」と言われたら反論の余地がない。
勿論私は人間である以前に動物であり、十分大人だった
ので、性欲はあって当然だが、当時未婚の女性は禁欲が
普通で、特に不自由は感じていなかったから、戸惑う
ばかりである。

そのころ流行していた精神分析理論は、今ではかなり
批判されているようだが、私には今でも心理学クソ
食らえ!の気持ちが抜けきらない。

ところで空を飛ぶ夢は、性の欲求の象徴とのことだった。
そういえば最近見ない。と言うことは、精神分析も
案外当たっていることがあるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »