« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月22日 (木)

【同時進行】「HTML5入門」(面)終了

5/20(火)、22(木)の2日間で「HTML5入門」(面)が終わった。
1日4コマ、2日で終わる面接授業は、体力的に
きついのでなるべく取りたくないのだが、情報系の
面接授業はPC使用の関係で、1クラスの定員が少なく、
取りにくいのでえり好みはしていられない。

朝10:00から夕方17:15までひたすらPCに入力する
作業は、歳のせいで白内障を患う眼(8月に手術予定)
にはかなりつらいが、授業そのものは面白くて、
全く眠くもならない。眠いのを我慢しながら一生懸命
聴く純講義系の授業に比べ、むしろ楽だった。

はじめてHP作りに挑戦したのは、前世紀の終わり頃、
放送大学同窓会連合会のHP開設担当を任されたのが、
そもそものきっかけである。当時、比較的高齢者の
多い同窓会役員には、その方面の専門家から全く
PCに無縁な人までいて、HPなど時期尚早との意見
もあった。私が担当に選ばれたのは、ド素人で
しかも高齢女性だったからである。「あの人でも
出来るのだから・・・」とハードルの低さの見本に
されただけのことだ。

初めてのHP作成は、当時Win98に付属していた
「FrontPageExpress」を使い、独力で簡単にできた。
最近は「HomePageBuilder」を使っているが、ロゴや
飾り文字、ボタン、壁紙、画面分割など全部ソフト任せで、
簡単に出来てしまう。画面のソースのタグなどほとんど
意識することもない。

今回改めてテキストエディタでソースコードを入力し、
ブラウザで確認しながらHPを作成していく手順を学んで、
HTMLのしくみとおもしろさがが何となく理解できた。

受講生は私のような初心者から、専門家まで。
アシスタントとして指導して下さったプロの技術者2人は、
実は前回の受講生だったというのだから、受講生の幅の
広さは恐ろしいほどである。おまけに講師の先生が、私と
同じ放送大学情報コースの学生で、今年度末の卒業を
目指しているというから笑える。一般大学ならあり得ない
話だ。

最後の時間にテストがあり、落とされてももう一度受講できて
むしろラッキーだと思えるほどだったが、問題は簡単だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

【同時進行】「情報セキュリティ概論」(面)終了

「情報セキュリティ概論」(面)が終了した。木・木・水・水
という変則日程で、誰か間違える人がいるんじゃないかと
内心心配していたら、なんと最終日の昨日、講師自身が
間違えたのにはびっくりした。

定刻に事務長が現れ、講師の先生が都合で遅れ、
1限目には間に合わない。後日補講にするか、
本日1コマ分(85分)延長するかとの相談を受けた。
結局途中の休み時間をなくし、終了時間を15分延長
して、大急ぎでシラバス通りの授業をしていただく
ことで決着した。

何か急なアクシデントでもあったかと心配していたら、
単に曜日を勘違いしていたとのこと。変な理由を
でっち上げしない正直さには好感が持てたが、自分で
決めた変則日程を間違えてどないするねん!と
突っ込みたい気分。学生の中にも先週木曜日に
来てしまったという人がいた。多分仕事を休んで
来られたのだろうと思うと、こちらは純粋にお気の毒
である。

昨年だったか、東京の某学習センターで講師のドタキャン
があり、大学は授業料の返還は勿論、遠方から来た
受講生の飛行機代・宿泊費まで負担したという話を
聞いたことがある。今回はまずまず何事もなくてよかった。

内容は、コンピュータを利用するに当たってのセキュリティ
上の懸念を列挙して、その対策を考えるものだった。
確かに注意すべき点に関する知識は増えたが、対策と
なると、一般ユーザーのスキルのレベルをはるかに超えて
いて、お手上げ状態のものが多い。

授業期間中にたまたまIEのセキュリティ上の脆弱さが
世間の話題になり、タイミングがよかったが、自分で出来る
ことはわずかだと思い知らされた。

インターネットを利用しないことも出来ないし、書籍類は
アマゾンなどで買うのが圧倒的に便利である。私が多少
気をつけていることと言えば、名の知れた業者を選ぶこと、
通販専用に限度額の低いクレジットカードを利用すること、
引き落とし口座には多額の預金残高を置かないこと、
今のところネットバンキングはしないことぐらいである。

便利さの裏に注意すべき盲点が多いことを学べる授業
だった。授業は、グループ討論(雑談に近い)が多く
取り入れられていて、眠くもなく楽な方である。普通に
ネットが利用できる程度の知識があれば十分で、
2ちゃんねるやツイッターを知らない人もいた。情報系の
面接としては、基礎知識がいらない方だと思う。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »