« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014年8月20日 (水)

@6、A1、C1 面接合4 今学期の成績と感想

深夜に1学期の成績が発表になった。
あまり芳しいとは言えないが「わかる」系は「覚える」系
よりずっと楽だということがはっきりした。1科目につき
ほとんど1、2日程度の勉強だが「わかる」系は早めに
準備しても忘れることがない。ちなみに早めというのは
私の場合せいぜい5日前である。5日たてば「覚える」
系は、情けないことにほぼ完全に忘れてしまって
受験準備にはならない。他に、ある程度の基礎知識が
ある「確認」系もあって、こちらは「わかる」系に近い。
以下に今学期の成績と感想を正直に書いておく。

「リハビリテーション」13  @
前回落とした科目で今回も危なかったが、まさかの@。
前回平均が50点を切ったので、かなり下駄を履かせた
らしい。受験の空き時間3時間ほどでテキストを読んだ
が、400頁全部は到底読み切れない。落としたから挽回
しようとか、難科目だから敢えてチャレンジしようとか
いう気にもなれない。明日にでもお世話になるかも
しれない分野だが、講義内容も試験問題も、教養という
より専門職養成志向が強すぎるように思う。
純「覚える」系 講義難度中 試験難度難

「問題解決の数理」13  @
今学期一番面白くて、しかも自信を持って受験に
臨めた。小学校の算数はともかく、中学校以降の
数学が実生活に役にたつという実感はあまりなかったが、
コンピュータの出現で、式さえ立てればどんな問題でも
解けるようになって、統計学や数理計画法が俄然
身近に感じられるようになった。乗換案内の
早い順、料金の安い順、乗換回数の少ない順
などの検索システムやゲーム理論などの立式が
よくわかった。最後の数章は実は私には難しいのだが、
とにかく楽しい科目だった。
純「わかる系」 講義難度難 試験難度中

「情報機器利用者の調査法」12  @
認知心理学系の科目を履修しておくことが望ましいと
シラバスに書いてある。道理であまり私には向いていない。
実験法やログ解析の章は面白かったが、なんとその回は
上記「問題解決の数理」と同じ講師の担当だった。
かなり「覚える」系 講義難度中 試験難度中

「コンピュータの動作と管理」13  A
情報系技術者にとっては常識という程度なのだろうが、
私には、用語を覚えるだけで精一杯という難科目だった。
本来は「わかる」系だろうが私には「覚える」系
講義難度(私には)難 試験難度(私には)難

「ソフトウエァのしくみ」14   C
「コンピュータのしくみ」と同じく学長科目である。
「コンピュータ・・・」のときは過去問が豊富だったので
何でも来い!状態だったが、こちらは本年度開講で
過去問がないので結構手こずった。理解まではほど遠い。
本来は「わかる」系、私には「覚える」系
講義難度中  試験難度中(私には難)

「メディアと学校教育」13   @
情報コースの中では完全に文系科目。3課分を担当する
外国生まれ女性講師のテキストの日本語が見事で、読み物
としてすらすら読めてわかりやすかった。
「覚える」系 講義難度中 試験難度中

「データ構造とプログラミング」13  @
情報系の中では非常にわかりやすく、章末の演習問題を
解いて納得しながら先に進める授業だった。
「わかる」系 講義難度中 試験難度中

「ドイツ語入門 II」11  @
ドイツ語初心者が躓きやすい冠詞+形容詞+名詞の語尾変化
が入門IIではじめて出てくるなど、工夫されている。昔は語学は
典型的「覚える」系だと思っていたが、英・独・仏など50年以上
もやっているとさすがに「確認」系から「わかる」系になってきた。
残念ながら、英・独・仏とも相変わらず聴き取りはできない。
「覚える」系 講義難度中 試験難度中

「ウイグル語入門」(面)      合
「情報セキュリティ概論」(面)   合
「医学と情報処理」(面)      合
「HTML5入門」(面)        合

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

【同時進行】来春の卒業確定 エキスパート次は2プラン

裏技で1学期受験の全科目合格が判明した。ちょっと
危ない科目もあったのだが、ひとまずOKらしい。
これで来春の情報コース卒業が確定した。放送大学
での7枚目の卒業証書がもらえることになる。

ついでに前学期「リハビリテーション」13の不合格で
お預けになっていたエキスパート13個目「健康福祉指導」
と14個目の「計算機科学基礎」プランを獲得した。

やっとエキスパートグランドスラムの半分すぎまで到達。
次は「人にやさしいメディアのデザイン」と「地域貢献
リーダー人材育成」という何が何だかわからない名称
のプランに狙いを定める。そもそもエキスパートが、
なんの役に立つのかわからない制度なので、名称
もどうでもいいのだが、もっとかっこいい名前はないものか。

早速次学期の科目登録をすませる。

【エキスパート関連科目】◎必修 ○選択必修 ●選択
《人に・・・》関連
 ◎「情報社会のユニバーサルデザイン」14
 ○「心理統計法」」11
 ○「産業とデザイン」12
《地域・・・》関連
 ●「問題解決の進め方」12
 ●「現代の生涯学習」11
 ●「地域社会の教育的再編}12

【エキスパート関連既修得科目】 取得年度・学期 成績
 《人に・・・》関連
 ●「デジタル情報の処理と認識」12 13年度1学期 @
 ●「身近な統計」12           12年度2学期 @
 ●「博物館概論」07           08年度1学期 @
 ○「コンピュータと人間の接点」13  13年度2学期 A
 ○「映像メディアとCGの基礎」12   13年度2学期 @
 ◎「情報機器利用者の調査法」12  14年度1学期 未判明
 ●「メディアと学校教育」13       14年度1学期 未判明
 《地域・・・》関連
 ●「現代の生活問題」11        12年度2学期 @
 ●「社会学入門」10           11年度2学期 @
 ●「人口減少社会のライフスタイル」11 11年度1学期 B
 ●「現代都市とコミュニティ」10    11年度2学期 @
 ●「市民と社会を生きるために」09  11年度2学期 @
 ●「高齢者の生活保障」11      12年度2学期 @
 ●「NPOマネジメント」11       11年度2学期 B

【その他の次学期登録科目】
 「初歩のアラビア語」11
 「発音をめぐる冒険」12
 「データからの知識発見」12
 「データベース入門」(面)
 「生物に学ぶ情報処理技術」(面)
 「ウイグルの歴史と文化」(面)
 「宇宙環境から見た地球生命と人間」(面) 

面接の抽選が全部通れば13科目22単位になる。
卒業単位が揃って、また情報系からあまり食指が
動かない文系科目に戻ることになったが、エキス
パートグランドスラムをめざすには避けられない
道である。

 

 
 
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »