« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月19日 (金)

【同時進行】「生物に学ぶ情報処理技術1」(面)終了

「生物に学ぶ情報処理技術1」(面)が終了した。
生物の生命活動の情報処理的側面に着目して・・・
高性能で柔軟な情報処理を実現・・・と、シラバスに
書いてある。??

私がこの科目に注目したのは、講師が、先学期取って
最高に面白かった「問題解決の数理」13担当の大西
准教授だからである。他に「情報機器利用者の調査法」
12も、大西准教授担当の章だけ興味が持てた。

きっと面接授業も面白いだろうと期待する反面、私に
ついていけるかな、との懸念もあったのだが、どちらも
当たった。コウモリの環境認識、アリの採餌行動、
脳の神経回路網、人の動き、ザリガニの天敵発見
など説明があって、人工知能、遺伝的アルゴリズム、
エコーロケーション、トレイル形成モデル、パーセプ
トロン、バックプロパゲーション、練習効果のべき法則、
確率共鳴と耳慣れぬ用語が次々に出てくる。

バックグラウンドにあるのが、前学期「問題解決の・・・」
で勉強したナップサック問題、巡回セールスマン問題
などで、ここだけでもやっておいて良かった。

レポートがまた厳しい。各時間毎に課題が出され、
数分で仕上げる。「エコーロケーションの応用を考案
せよ」「アリコロニー最適化の応用を考案せよ」等々
問われても、なかなか思いつくはずもない。
全8問の問題はほとんどお手上げ状態で提出した。

帰り際に先生に個人的に聞かれた。「先学期の試験は
時間はどれぐらいで出来ましたか?」 私はうっかり
「過去問と同じ問題が多かったので、30分ちょっと
ぐらいですが、最後の11問目は難しかったので、
考えずに適当にマークしました」と答えた。

「じゃあ、もう少し問題数を増やしてもいいかなあ・・・」
とんでもない。過去問に似た問題だから何とか
こなせたが、全く初めてなら時間は足りない。
多分、下駄履かせ用もしくは学生のレベルを測るため
に出題された11問目なぞ、深く考える余裕もなかった。

もし、次から問題数が増えたら、私のせいかも。
ごめんなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

【同時進行】「データベース入門」(面)終了

「データベース入門」(面)が終わった。情報コースの学生
なんだからAccessぐらい知らなくちゃね、と軽い気持ちで
選択したが、全く初めてなので、理論の方は何とかわか
ったが、入力が追いつかなくて、多分かなりみんなの足を
引っ張った。反省! 

手元のテキストと、中距離のPC画面と、遠くの黒板を
交代で見るのは、若い人が想像する以上に大変な作業。
今日も老眼鏡と近視用に加え、手元と中間位置にあわ
せた多焦点レンズ眼鏡の3種を持参しての受講である。

もっとも今回のAccess実習は、入力するデータは
練習用の顧客管理や販売伝票などいわばどうでも
いい内容だから、Excel+統計学系の実習より、
覚えることは少ない。以前受けたExcel+統計学実習
では、分析に必要なデータ入力に追われながら、
使い慣れぬ関数を覚え、統計学の知識も一通り必要
で、スピードについていけず落とした科目もある。

古いバージョンのソフトしか持っていなかったので、
最新版をアカデミック優待で買った。携帯の学割
(基本料金3年間無料)とあわせ、ちょっとは授業料
もモトがとれたようだ。だけど今後使う機会がある
かは不明なので、全く趣味と自己満の世界である。

授業難度: 初めてだとやや難。
成績評価: 毎回その日実習した作成物を印刷して提出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »