« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月20日 (金)

【同時進行】今学期の成績と感想 @4 A3 B1 面接合3

tuba@London 滞在先のPCで2学期の成績が判明した。
あまりぱっとしないが、簡単な感想を書いておく。

「発音をめぐる冒険」12  A
 大学教養レベルの英語なら大丈夫と思っていたが、これは
 私には鬼門だった。英語を習い始めて60年になるのに、
 長母音と二重母音の区別などあまり気にしたこともなかった。
 英語のスラング、隠語、方言など初めて聞く話ばかり。
 リスニングのシェークスピアの没年だけは、50年以上前に
 大学受験の世界史で覚えたのがやっと役にたった。
 (1564~1616)(ヒトゴロシイロイロと覚える)
 講義難度 難   試験難度 中

「初歩のアラビア語」11  @
 持込可で平均点高めなので、オアシス科目といわれる
 こともあるが、文字を覚え、文法の基礎を理解するだけで
 他の外国語の何倍もの努力が必要。ただしそこまでやれば
 過去問でパターンが決まっているので、後は楽である。
 講義難度 難  試験難度 中

「問題解決の進め方」12  A
 マークシート・記述の併用式。 テキスト持込可なので
 試験はなんとかなる。
 講義難度 易   試験難度 中

 
「産業とデザイン」12  @
 この方面には詳しくないので、なじみのないデザイナー名
 などが出てくるが全体としては楽なほうか。
 講義難度 易  試験難度 易

「現代の生涯学習」12 @
 出ましたコンドルセ! あまり知られていないが、私が
 もっとも優れた教育思想家だと思うフランス革命期の
 人で、統計学者でもある。私にこの人を語らせれば
 @は取れて当然。過去問どおりなので、十分な準備を
 すれば@は取れると思うが、かなりの勉強量が必要。
 持ち込み可の記述式なので、AかB狙いなら無勉でも
 何とかなる。
 講義難度 易   試験難度 中

「地域社会の教育的再編」12  A
 これも持込可の記述式なので、AかB狙いなら楽だが
 なかなか@を取るのは難しい。過去問どおりなのだが
 過去問も種類が多いので、準備しようと思えばそれなり
 に大変である。
 講義難度 易   試験難度  中

「心理統計法」  @
 楽しい科目だった。「身近な統計」よりやや難しいか。
 過去問での対策が有効。
 講義難度 中   試験難度 中

「情報社会のユニバーサルデザイン」14   B
 てっきり落としたと思ったが、何とか引っかかって助かった。
 主義主張がはっきりしていて、健常者が心得ておくべき
 内容が織り込められている。視覚障害者が猛スピードで
 点字を読むのは知っていたが、音声読み取りソフトも、
 テープを早回ししたように、健常者にはとても出来ない
 速さで聞き取り可能だと知って驚いた。
 授業難度 易   試験難度 中 ただし過去問には頼れない。

「生物に学ぶ情報処理技術1」(面)  合
「ウイグルの歴史と文化」(面)  合
「データベース入門」(面)  合
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

【同時進行】エキスパート次は「次世代育成支援」来期登録は語学重点

全エキスパート中、16/27プランが取れた模様なので、早速
来期の継続入学と科目登録の申請をした。来期は
「次世代育成支援」狙いで行くことにする。既に必要10科目
のうち6科目の単位取得済みなので、もう1プラン欲張ろう
かとも思ったが、どうも食指が湧かない分野の科目ばかり
になりそうなので、来期はちょっとゆっくり目にして、
外国語に重点を置くことにした。

5ヶ国語8単位になる。もっとも入学2年目の86年3学期
には外国語だけで9単位(うち面接1)、06年1学期には
一度に6ヶ国語取ったこともある。私にとっては、ごまかし
がきかない外国語と数学は、ボケたかどうかの格好の
判断材料である。まだ大丈夫かな?

【エキスパート以外の登録科目】
 「フランス語入門 I 」12
 「韓国語入門 II 」12
 「英文法 AtoZ」13
 「初めてのウイグル語」(面)
 「初級ギリシア語」(面)
 「初歩からの物理学」12
 「データからの知識発見」12 (前回未受験)
【エキスパート関連登録科目】
 「心理カウンセリング序説」15
 「思春期・青年期の心理臨床」13
 「乳幼児・児童の心理臨床」11
 「スクールカウンセリング」10

【エキスパート関連既修得科目】   取得年度・学期 成績
 「現代都市とコミュニティ」10      11年2学期  @
 「変動する社会と暮らし」07       12年1学期  @
 「アジアの社会福祉」10         10年2学期  @
 「欧米の社会福祉の歴史と展望」11 12年2学期  @
 「現代の生活問題」11          12年2学期  @
 「人口減少社会のライフスタイル」11 12年1学期  B 

しばらく物理学関係を取っていないので、今後のエキス
パートにも全く必要ない科目だが、頭慣らしに「初歩からの
物理学」を取ってみた。31年前放送大学に入って「自然の
理解」を専攻したとき、一番苦手だったのが物理系だった。
基本・基礎科目の物理は楽だったが、専門科目になると
完全にちんぷんかんぷんで、卒論は天文学系だったが
古典力学までの知識だけで、なんとかしのいだ。

55年以上前の高校時代、物理・化学・生物すべて必修
でどれも同じような成績だったが、大学受験の理科は
化学・生物だけですませたので、多分高校時代の
押さえが足りなかったのだと、今になってわかる。

来週からロンドンに2週間ばかり行くことになっている。
PCは持参しないので、通信環境次第で、成績の発表に
アクセスできるか、ブログが書けるか不明である。
卒業式の案内も届く頃のはず。そういえば旅行中に
満73歳になるんだった。今春私と一緒に情報コースを
卒業する中には、満93歳の方がおられる。なんと20歳
年上! 放送大学学部7回目卒業の他に、修士課程も
修了しておられるようだ。あやかりたいものだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

【同時進行】「地域貢献リーダー人材養成」「人にやさしいメディアのデザイン」get

通称裏技で確認すると、どうやら今学期受験の8科目は
全部合格したようだ。次学期科目登録初日の2/13に
ならないと判明しないと思っていたが、来期継続入学
の該当者は早めにわかるらしい。

合格が危ぶまれた「情報社会のユニバーサルデザイン」
14を来期登録しようとすると「履修済の・・・」と出る。
今期受験を見送った科目では「履修中の・・・」となる。
合否は正確に反映されているみたいだ。

これでエキスパート15個目と16個目の「地域貢献
リーダー人材育成」プランと「人にやさしいメディアの
デザイン」が取れたはずだ。何ともわかりにくい
名称で、しかも何の役に立つのかも不明である。
私にとっては、少なくともあまり乗り気のしない科目
を履修しようという動機付けにはなっているが。

「・・・ユニバーサル・・・」が何とか合格して助かった。
再試験になると、来期は同日の9:15からと17:55から
の2科目受験というとんでもないスケジュールになる
ところだった。くわばらくわばら。

もっともこの科目は私が不勉強だっただけで、これが
情報系科目かという疑問は残るが、講義内容も
試験問題も妥当である。情報コース学生で理系が
苦手な人には外せない科目だと言っておこう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

【同時進行】単位認定試験終了だが

平成26年度2学期単位認定試験8科目が終了した。
解放感あふれる晴れやかな朝を迎えるはずだったが、
どうもすっきりしない。

1科目確信的に受験を見送ったが、7科目は何とか
こなせた。最終日の「情報社会のユニバーサルデザイン」
14、前学期の平均点が高かった上に、過去問も、まあ
こんなもんかという程度だったので、放送もろくに見ず、
テキストも読み飛ばしていたら、意外に難しかった。
テキトーにマークした部分は残念ながら全部ハズレ。
落としたな、こりゃ!

本年度開講科目なので、過去問が1回分しかない。
使い回しはなく、通信課題や自習型問題とも同じ問題
はなかった。担当講師の熱意が感じられて、適当に
こなそうとした自分を恥じる出題だった。「お主、ヤルな!」
という印象。印刷教材にないものもあった。放送授業の
範囲から出たらしい。

この科目は情報コースの専門科目だが、内容はどう
みても福祉系で、気合いを入れて勉強しようという
モチベが今ひとつ湧かなかったのが敗因か。幸い
情報コースの卒業単位は先学期で足りているが、
卒業がかかっていたら笑い事ではすまなかった。

今期見送ったのは「データからの知識発見」12。
情報コースに入学するに当たって、是非とも勉強
したかった科目の一つで、今学期の重点科目にする
はずだったが、そのうちに、そのうちにと思って
いるうちに時間がなくなった。暇なときにじっくり
ビデオでもみたいと思う。初心何たらと言うが、さて?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »