« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月22日 (火)

【同時進行】「イタリア語の初歩:発音編」(面)終了

12/18、12/19の2日間で「イタリア語の初歩:発音編」(面)が
終わった。楽しかったけど、1日4コマ授業を2日連続という
のは、私には体力的にきつい。特に語学は、自宅に帰って
もう一度ざっと復習したいのに、10:00~17:15までの
授業に出たあと大急ぎで帰宅し、夕食の支度をしてあと
片付けが終わった頃には、もう勉強する気力が失せている。
こういう時は、仕事を持ちながら、放送大学で学んでいる
多くの学生に心から尊敬の念を抱く。

そういえば、先学期の面接授業のギリシア語とウイグル語
はどちらも1日1コマで8週の授業だった。語学はやっぱり
これ位十分な時間をとって勉強した方がいいと思うが、
他の希望科目と日程が重なることも多いので、短期間に
面接単位をそろえたい人にとっては荷が重い。

もっともスクーリングの体力消耗度は、放送大学を6回
卒業した後入学した慶応(通信)に比べると天国みたいな
ものである。慶応では最短で卒業しようとすると、真夏の
暑い時期に、朝から夕方まで半月連続で(日曜休み)出席
する必要があった。あまりのきつさに音をあげて、学士入学なら
最短2年半で卒業できるのを5年計画に変更してやっと卒業
したものの、あと2学部への挑戦は保留したままである。

年寄りの常で、またもや30年前の話を持ち出すと、放送大学
開学当初の面接授業は、2時間15分授業が1週おきに5回
で1単位となっていた。つまり同一曜日に10週出席すると
2科目計2単位が取得できる。同一曜日、同一時間の科目の
組み合わせは、必ずしも最適とはいえなかったので、学生に
とっても不便だったが、講師の先生方は2週間に1度の講義
では空いた週に仕事を上手く入れることもできず、スケジュール
調整が大変だったのではないかと思う。

当時は面接授業の種類も少なく、しかも放送授業と抱き合わせ
にiなっていて、同一科目名の放送授業の試験に受からないと
面接の単位も認められなかったのは、何度かここに書いた
とおりである。30年後の今、全国で展開されている面接授業の
多彩さには目を見張るものがある。

さて「イタリア語の初歩:発音編」、授業は丁寧で初学者にも
よく理解できる内容だった。別に文化編、会話編も開講
されるので、是非出てみたいと思う。これで放送大学で
学んだ外国語が17ヶ国語になった。うち12ヶ国語はここ
でしか教わっていないので、私は放送大学のありがたみを
最大限に享受しているといえる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

今回のカリキュラム改正2(2回目以降の卒業要件)

今回のカリキュラム改正の主な改正点は
外国語が最低6→2単位に縮小されたことと
自(所属)コースの必要単位が30→34単位に変更されたこと
の2点だが、在学生も 旧カリキュラムの適用が可能なので、
この点は、個々の学生にはさほど 不利益はないと思う。

一部の学生にとって賛否両論相半ばするのが次の
「放送大学を卒業し再入学(3年次学士入学)する場合の
卒業要件の変更点」である。 「・・・再入学したコースの
コース科目・・・から、新たに16単位 以上(既修得単位を
含まない)修得する必要が」ある。「なお、 直近の卒業
以降に選科履修生や科目履修生として修得した 単位は、
この16単位に参入され」るとのことである。

これまで、卒業後再入学の場合は、新しい自コースの
単位を30単位取得すればよかった。しかも既に放送大学で
取得した単位数はすべて認めらたので、前回卒業までに
新自コース単位を30単位取得済みなら、再入学の際に
なにか2単位分登録しておけば、一度も試験を受けること
なく、2年後には卒業証書が送られて来た。

従って極端な場合、自コース数単位だけ不足の状態で
卒業を保留し、その間に他コース単位をすべて30単位
とって 最後に自コースを卒業すれば、その後2年ごとに
再入学するだけで、1単位も取らずに自動的に5回卒業
でき、グランドスラム達成という仰天ワザも可能だった。

そこまで極端でなくても、次回の卒業を目指して計画的に
既に次の自コース単位をほとんど取得済みの学生は 多い
と思う。これら学生にとっては、新たに最大16単位分 の
授業料負担と、自コースに既にとりたい科目がない、
あるいは取り残した科目が16単位分もない、というケースも
ある。ちなみに来学期新開講の科目が16単位以下のコース
も あるので、17年度開講科目を待つか、面接授業で埋め
なくて はいけない場合もありうる。この方々にとっては残念な
変更 だったことは理解できる。

しかし以前何度か書いたように、私は放送大学でアンケート
を求められた時必ず「2回目卒業以降の卒業要件が甘すぎる」
と書くことにしている。いくら何でも1単位も取らずに
2枚目の卒業証書がもらえる方がおかしかったのだ。

今回の「新たに16単位」の縛りは、一部の方にはお気の毒
だが 改善だと思っている。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »