« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年8月

2016年8月17日 (水)

【同時進行】(16年1学期)成績発表 @2 B2 合3 ダメだコリャ

(09/10「ダイナミックな地球」16の成績訂正通知により一部訂正)

1学期の成績が発表になった。7科目中4科目しか受験
出来なかったのに、表記のような成績。なさけなや。
来学期はもう少しまじめにやろう(と毎学期決心する)。

各科目の試験結果と感想は次のとおり。今回は
久しぶりで数学・情報・統計系以外の理系ばかりである。

「基礎化学」11  B   持込可・マーク式。
半世紀以上前の大学受験では化学は得点源だったが、
放送大学ですら化学科目は30年ぶりで、すっかり忘れ
ていただけでなく、全く新しい分野が大部分を占めていて、
私にはかなり難しかった。内容は結構興味深かったのに、
試験対応だけの勉強しか出来なかったのが残念。
じっくり復習したい科目であるが、多分やらないだろうな。
講義難度 難(私には)   試験難度 難(私には)

「ダイナミックな地球」16  B   持込可・マーク式
新設科目で過去問もなく、持込不可だと思い込んで
いて試験対策を誤った。 9/10になって試験問題に
複数回答があったとのことで、成績がC→Bになった。
高校で地学を習っていないので、内容は興味深い。
講義難度 難(私には)  試験難度 難(私には)

「宇宙とその進化」15 持込可・マーク式   @
「宇宙を読み解く」13  持込可・マーク式   @
30年以上前、放送大学での最初の専攻は「自然の
理解」で、卒論は小尾信彌元学長の指導で「地球外
知的生命体との交信」を書いた。その当時、太陽系
以外には惑星系はまだ一つも見つかっておらず、
地球外生命の存在は全く未知数だったが、現在では
天空のごく一部の領域だけで、数千個の惑星候補が
見つかっている。たまたま天文学の飛躍的発展の
時期に放送大学に居合わせたことになる。ここ30年
の天文学の発展が一気に理解できる誠に興味深い
講義だった。生涯学習の醍醐味とも言えようか。
講義難度 難   試験難度 中

ウイグル語第一歩(面)    合
スワヒリ語入門(面)      合
ヴァイオリンを学ぼう(面)  合

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

【同時進行】次は一気にエキスパート4分野狙うぞ!

昨日通称裏技で、今学期受験4科目の合格を確認した。
残念ながら「物理の世界」11を受験出来なかったので、
今学期はエキスパート獲得はゼロである。その代わり
来学期は一気に「自然系博物館」「環境科学」「宇宙地球
科学」「工学基礎」の4プラン狙いで科目登録をした。

【16年度2学期エキスパート関連登録科目】
 「物理の世界」11  持ち越し
 「初歩からの生物学」14
 「初歩からの化学」12

【来期以降のエキスパート関連先取り登録科目】
 「技術経営の考え方」11
 「感染症と生体防御」14
 「英語で描いた日本」15

【その他の外国語】
 「韓国語 I 」16  持ち越し
 「初歩のスペイン語」13  持ち越し

【既修得科目】修得年度・学期・成績(8/16、9/10一部加筆)
           ◎必修 ○選択必修 ●選択
 【自然系博物館プラン】
◎「博物館概論」07      08年1学期   @
○「宇宙を読み解く」13    16年1学期    @
○「宇宙とその進化」15   16年1学期    @
○「科学的探究の方法」11 15年2学期    @
○「ダイナミックな地球」16  16年1学期    B
○「博物館経営情報論」08 08年1学期    @
○「博物館資料論」08    08年2学期    @
●「基礎化学」11       16年1学期    B
●「人文地理学」08      09年1学期    @

 【環境科学プラン】
○「ダイナミックな地球」16 16年1学期   B
○「宇宙を読み解く」13   16年1学期   @
○「基礎化学」11       16年1学期   B
●「食品の安全性を考える」08  12年1学期  @
●「基礎数学 I 」       86年1学期   A
●「エネルギーと社会」11  11年1学期   B
●「身近な統計」12      12年2学期   @
●「環境と社会」09      11年1学期   A
●「バイオテクノロジーと社会」09 12年1学期 @
●「科学的探究の方法」11 15年2学期  @

 【宇宙地球科学プラン】
○「ダイナミックな地球」16  16年1学期   B  
○「宇宙を読み解く」13    16年1学期   @
○「宇宙とその進化」15    16年1学期   @
●「自然を理解するために」12 13年1学期  A
●「数学再入門」07      07年2学期    @
●「入門線型代数」08     13年1学期    @
●「初歩からの数学」12    12年2学期   @

 【工学基礎プラン】
●「初歩からの数学」12    12年2学期   @
●「身近な統計」12       12年2学期   @
●「基礎数学 I 」        86年1学期    A
●「入門線型代数」09     13年1学期   @
●「科学的探究の方法」11  15年2学期   @
●「基礎化学」11        16年1学期   B
●「産業とデザイン」12     14年2学期   @   

【面接授業】
今学期の「ヴァイオリンを学ぼう」(面)同様、楽器実技科目
「生田流箏曲-理論と実践-」(面)を見つけた。ヴァイオリン
は多少経験があったが、箏は全く初めてである。この年に
なると多少恥をかいても生きているうちに経験できることは
やっておこうという気になる。とりあえず申し込んでみた。
もう一つは「宇宙の中の惑星・地球・生命」(面)。抽選結果
が楽しみである。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »