« 2017年10月 | トップページ

2017年12月

2017年12月24日 (日)

【同時進行】「サンスクリット語(梵語)」(面)終了 疲れた

8週にわたって開講された「サンスクリット語」(面)が終了した。
めちゃめちゃ進度が速くて、しかも難しい。

初回30名の受講者で、最後まで残ったのが19名。超優等生
一人を除いて、私を含めて多分全員が落ちこぼれていると思う。
毎回短文和訳の宿題が10~15題ほど出るが「わかりません」
という学生も多く、だいたい2回まわってくる。何とか宿題の辞書
が引ける私は、落ちこぼれでもマシな方かなと安堵する。

最初の関門のデーバナーガリー文字(33文字)は、一日一字
覚えるのが目標だったが、とうとう覚えきれなかった。ただし
授業はローマ字アルファベット表記でやるので、とりあえ
ず読みは何とかなるが、辞書は本来の文字順なので、結構
戸惑う。ローマ字表記で日本語を習っている外国人が、50音
順のローマ字辞書を引くのが大変なのと同じである。

進度はとにかく速い。186頁のテキストの文法の主要部分は
何が何だかわからないままにほとんど終わった。これは
これで優れた教授法だと思う。サンスクリット語の文法構造
の概略がおぼろげながらつかめる。最初に全体を見渡して、
必要な時に最初から丁寧に見直すというのが、語学上達の
王道だというのが私の持論である。

受講者が完全に理解するまで懇切丁寧に教えていたら
多分8回では最初の名詞・形容詞の格変化すら終わらな
かっただろう。何しろ男性・女性・中性の3つの性、単数・
双数・複数の3つの数に加えて主格・呼格・対格・具格・
為格・奪格・属格・処格の8つの格があって大変だが、
最低でも動詞の活用までやらないと文は全く読めない。

もっとも、インドヨーロッパ語族に属するので、単語や
数は何となく馴染みのあるものもある。実際は単語まで
は到底覚えきれなくて、「バイアグラ」が「虎」の意だと
わかったのが唯一の成果だとは、何とも情けない。

先生でも昔初めてサンスクリット語を学んだときは、
1年では単位が取れなくて、次の年やっと合格したと
おっしゃっていた。来年も継続されるようなので、
是非もう一度挑戦したい。多少知っているだけで、
自己満足に浸れる希有な科目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

【同時進行】おうちがまたまた遠くなる エキスパート新プラン

来年度の授業科目案内等がキャンパスネットワークに
発表になった。閉講科目、新開講科目などは、事前に
ほぼ予想がつくので、とりあえず知りたいのは単位
認定試験の日程ぐらいだが、幸い特に都合の悪い
日時はなかった。

びっくり仰天は、またまたエキスパートの新プランが
増設されたこと。今度は「学校地域連携コーディネータ
プラン」というわけのわからない名称のプランである。

もともとエキスパート自体があまり何のためにあるのか
わからない制度だから、今回のも何のためにあるのか
わからなくて当然なのだが、従来の「社会生活企画」
「市民活動支援」「地域貢献リーダー人材育成」
「次世代育成支援」「コミュニティ学習支援」などと
の棲み分けはどうなっているのだろう?

2006年に制度ができたときは10プランしかなく、すぐに
でも全分野制覇ができそうだったが、翌年16プランに増え、
以後次から次へと分野が増えてついに29プランになった。
増えるのはいいのだが、どこがどう違うのかわからない
のは困る。

というわけで、あと2年のはずだったエキスパートグランド
スラム達成は、また半年ほど延びそうだ。こんなものを
増やすぐらいなら、卒業コースを増やして、もう一度全科
履修生になりたいと思う。

すべての講義を英語で行うコース、経理・会計・財務などが
きちんと学べるコース、統計学コースなどは、例えば理系
の大学を卒業して、エンジニアとして働きながら、将来会社の
経営陣を目指している壮年の社会人にとって、大いに需要
も社会的意義もあると思うのだが。

私でもついていけるかどうかは、また別問題だが、残り少ない
人生で、一生に一度ぐらいめいっぱい努力したという満足感
が得たいものだ。どうもいつも勉強はええ加減で、何となく
要領よくやり過ごしてきた思い出しかなく、このままでは
悔いの多い人生を終えることになりそうだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ