« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年2月

2018年2月15日 (木)

【同時進行】@6、A1、合1  放送大学の英語は面白い

裏技で合否はわかっているので、成績を急いで知る必要も
ないのだが、14日の夜中に何度もキャンパスネットワークに
アクセスしたのにダメだった。結局半日以上を無駄に費やした
が、翌15日午後には成績が郵送されてきた。あのイライラは
何だったのか。

放送大学歴33年の成果はずっしりとくる。今学期の成績表
1枚の他に「単位修得状況」が5枚。うち最初の1枚半は
すべて外国語の単位である。
一応今学期履修科目の成績と感想を書いておく。

「英語の軌跡をたどる旅」  @   マーク式  辞書持込
内容・レベルともに超満足。英語の歴史を英語で学ぶ内容で、
放送大学で過去に学んだ英語の中では「英語総合B」06と
双璧の、難しいが楽しい科目である。
「リーダーズ」などの厚い辞書を持ち込む人も多いが、辞書
なしでさっさと試験を終えて出ていく人もいる。実力の差は
いかんともしがたい。テキストの単語は特殊で難しいが、
講義は懇切丁寧である。試験前日に最後の3課分を聴こう
としたら、ネットが混んでいてストリーミングできなかった。
しかもそこから大問2題がでて、冷や汗をかいた。
講義難度  中    試験難度  難(過去問有効)

「新しい時代の技術者倫理」15   @  記述式  持込可
過去問でかなり傾向がつかめるので、一応準備をしていった。
記述式での@は多少やったな!という感じである。
講義難度  中    試験難度  中(過去問有効)

「和歌文学の世界」14  @  マーク式  持込可
国文学は好きで、予備知識もあるので、講義は私には楽しい。
講義内容  易   試験難度  易(教材だけで対応可)

「生命分子と細胞の科学」13  @  マーク式  持込不可
最近半世紀の生物学の進歩がざっとつかめて楽しい科目。
放送大学で勉強したかったのはこういう科目である。
講義難度  難     試験難度  難(過去問有効度中)

「疾病の成立と回復促進}17  @  マーク式   持込不可
高齢になると、重大な病気の兆候がすべて自分に当てはまる
ような気がして欝になる。全くやる気がしなくて、てっきり落ちた
と思っていたら、なんと@???
講義難度  中    試験難度  中(過去問有効度不明)

「暮らしに役立つバイオサイエンス」15  @  マーク式  持込可
身近な微生物とバイオを扱った科目で、結構面白い。
講義難度  中   試験難度  中(過去問有効)

「海からみた産業と日本」16  A  マーク式  持込不可
主に日本の海運業を扱っているが、自分にとって身近だと
思えないという印象。
講義難度  中     試験難度  中(過去問有効度不明)

サンスクリット語(面)  合

放送大学の英語科目は最近どれも興味深くて楽しみである。
来学期は「英語で読む科学」15をとる。気合いを入れよう!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

【同時進行】やれやれ合格ホッ! エキスパート23、24個目獲得

まだまだ使えないと思っていた裏技がOKになっていて、
先月末に受験した科目の合格が判明した。今学期で
学籍が切れる選科履修生の特権かも。

落としたかと思っていた「疾病の成立と回復促進」17が
何とか合格しているようで、助かった。第1課の最初に
「看護師にとってこの科目を学ぶことの意義・・・」と始まって、
とたんに学習意欲が失せる不思議な科目である。

というわけでめでたくエキスパート2プランを達成した。
各科目の修得年度・学期・成績は以下の通りである。
◎必修 ○選択必修 ●選択
                       (17年2学期の成績は18/02/14に加筆)
【生命科学プラン】
 ○「食と健康」12            12年1学期  @
 ●「食品の安全性を考える」08   12年1学期  @
 ●「バイオテクノロジーと社会」09  12年1学期 @
 ●「生物の進化と多様化の科学」17 17年1学期  @
 ○「感染症と生体防御」14      16年2学期  @
 ○「動物の科学」15          17年1学期  @
 ○「生命分子と細胞の科学」13   17年2学期  @
 ○「初歩からの生物学」14      16年2学期  @
 ●「疾病の成立と回復促進」17      17年2学期  @
 ●「暮らしに役立つバイオサイエンス」15 17年2学期 @

【ものづくりMOTプラン】
 ◎「技術経営の考え方」11     17年1学期  A
 ◎「新しい時代の技術者倫理」15 17年2学期  @
 ●「日本の技術革新」08       11年1学期  A
 ●「環境と社会」09          11年1学期  A
 ●「バイオテクノロジーと社会」09 12年1学期  A
 ●「問題解決の進め方」12     14年2学期  A
 ●コンピュータのしくみ08      13年1学期  @
 ●暮らしに役立つバイオサイエンス15 17年2学期 @ 
 ●海からみた産業と日本16     17年2学期 A
 ●産業とデザイン12          14年①    @

これで来年度からまた1つ増えるエキスパート全29プランの
うち24まで取れたことになる。来学期は「実践経営学」プランを
狙う。関連の新規登録科目は
 ●「グローバル化と日本のものづくり」15
 ●「財政と現代の経済社会」15
 ●「大学マネジメント論」14
 ●「ケースで学ぶ現代経営学」12
 ●「技術マネジメントの法システム」14 (今学期受験せず)

既修得科目は
 ●「アグリビジネスの新たな展開」10  10年2学期  A
 ●「海からみた産業と日本」16      17年2学期  A
 ●「国際経営」09              10年2学期  B
 ●「NPOマネジメント」11          11年2学期  B
 ●「技術経営の考え方」11         17年1学期  A

【その他】
 「英語で読む科学」15  (今学期受験せず)
 「錯覚の科学」14
 「Walking with Writers」16 (多分来学期に持ち越す)
 面接授業は「英語で読む科学」(面)を予定。

さて試験も終わったし、撮りだめたビデオを見るぞ!
私が1週間に録画予約しているのは次の番組である。
月~金 ABCニュースシャワー、  クラシック倶楽部
月 地球ドラマチック、ワイルドライフ、未来世紀ジパング
火 世界ふれあい街歩き
木 らららクラシック、科捜研の女、時空を超えて
   コズミックフロントネクスト
土 ニュースで英会話、題名のない音楽会、球辞苑
日 百年名家、ダーヴィンが来た、サイエンスゼロ

それ以外に放送大学がある。我ながらびっくり!
ドラマ以外は録画したものをそれぞれタイトル別に
BDにダビングして残してあるので、未視聴のものが
もう残りの人生で全部見切れないほどたまっている。
とりあえずの優先順位は「球辞苑」。野球ファンには
たまらなく面白い。

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年6月 »