« 2020年4月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月20日 (月)

【同時進行】単位認定試験自宅受験終了

単位認定試験の自宅受験を終えて、無事投函してきた。
今学期は科目登録に失敗して、先学期から持ち越しの
2科目のみ。どちらも閉講科目である。

両方とも従来から持込可で過去問も揃っているので、
自宅受験でも大差ないと思っていたが、正直今回は
コロナ様のおかげで助かったかも。

「ラテン語の世界」16  
過去問に類題もあったが、同じものはない。
15問のほとんどが選択肢5つのうち正しいものを3つ選べ
という出題で、私にはとても50分で解ける内容ではなかった。
印刷教材をあちこちひっくり返し、辞書を引き、悪戦苦闘
すること3時間余り、会場受験なら確実に落としていた。
講義難度 難  試験難度 難  過去問 多少有効

「データの分析と知識発見」16
過去問と同じか類題も多い。プログラミング系の出題は
手元のPCに実際に打ち込んで確認すれば確実だが、
そこまでする必要もなかった。情報系科目と統計学科目を
いくつか受講していればなんとかなる程度とは思うが
私には難しい方である。択一式の10題はともかく、
最後の記述式1題にはかなり手こずった。
講義難度 難  試験難度 中  過去問 有効

ところで「ラテン語の世界」16の出題は毎回かなり難問だと
思うのに、平均点は開講以来70点台を推移しているが、
ゲタなしなのだろうか。

過去受験した科目の中には、自己採点で60点以下なのに
なぜか@だったものもある。マークシートで11題出題の
科目などは、はじめから10点分のゲタがはかせてあると
解釈できるようだ。

今回受験した「データ・・・」16は択一式10題、記述式1題で
「択一式は90点満点とし、記述式は10点満点で採点」と
解答公表のコメントに明記してある。同じ講師の前科目
「データからの知識発見」12には15題出題のうち1~14問の
配点は各7点、15問目は正答率が低かったので配点は2点と
コメントがあったこともあった。いろいろな配点法がある
ようである。

余談だが「漢文の読み方」19は先学期に受験してよかった。
持込なしの上、そもそも出題が全問印刷教材以外から
出ていて、大学受験などと同じく全くの実力次第である。
辞書・参考書・出典検索し放題の自宅受験では、実力勝負の
スリルが全くない。

さて来学期の登録科目を決めなくてはいけないが、まさか
また自宅受験にはならないだろうな。自宅受験で大幅に
得をするような科目は、選ばないように注意する必要が
あるようだ。

 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年8月 »