放送大学思い出

2015年12月22日 (火)

【同時進行】「イタリア語の初歩:発音編」(面)終了

12/18、12/19の2日間で「イタリア語の初歩:発音編」(面)が
終わった。楽しかったけど、1日4コマ授業を2日連続という
のは、私には体力的にきつい。特に語学は、自宅に帰って
もう一度ざっと復習したいのに、10:00~17:15までの
授業に出たあと大急ぎで帰宅し、夕食の支度をしてあと
片付けが終わった頃には、もう勉強する気力が失せている。
こういう時は、仕事を持ちながら、放送大学で学んでいる
多くの学生に心から尊敬の念を抱く。

そういえば、先学期の面接授業のギリシア語とウイグル語
はどちらも1日1コマで8週の授業だった。語学はやっぱり
これ位十分な時間をとって勉強した方がいいと思うが、
他の希望科目と日程が重なることも多いので、短期間に
面接単位をそろえたい人にとっては荷が重い。

もっともスクーリングの体力消耗度は、放送大学を6回
卒業した後入学した慶応(通信)に比べると天国みたいな
ものである。慶応では最短で卒業しようとすると、真夏の
暑い時期に、朝から夕方まで半月連続で(日曜休み)出席
する必要があった。あまりのきつさに音をあげて、学士入学なら
最短2年半で卒業できるのを5年計画に変更してやっと卒業
したものの、あと2学部への挑戦は保留したままである。

年寄りの常で、またもや30年前の話を持ち出すと、放送大学
開学当初の面接授業は、2時間15分授業が1週おきに5回
で1単位となっていた。つまり同一曜日に10週出席すると
2科目計2単位が取得できる。同一曜日、同一時間の科目の
組み合わせは、必ずしも最適とはいえなかったので、学生に
とっても不便だったが、講師の先生方は2週間に1度の講義
では空いた週に仕事を上手く入れることもできず、スケジュール
調整が大変だったのではないかと思う。

当時は面接授業の種類も少なく、しかも放送授業と抱き合わせ
にiなっていて、同一科目名の放送授業の試験に受からないと
面接の単位も認められなかったのは、何度かここに書いた
とおりである。30年後の今、全国で展開されている面接授業の
多彩さには目を見張るものがある。

さて「イタリア語の初歩:発音編」、授業は丁寧で初学者にも
よく理解できる内容だった。別に文化編、会話編も開講
されるので、是非出てみたいと思う。これで放送大学で
学んだ外国語が17ヶ国語になった。うち12ヶ国語はここ
でしか教わっていないので、私は放送大学のありがたみを
最大限に享受しているといえる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

今回のカリキュラム改正(外国語)

通信指導をやっと出し終わった。ネット提出の科目は
早めにすませたが、記述式2通は結構手間取って、相も
変わらず締切前日の速達。30年以上も同じことを続けて
いるような気がする。そういえば昔は、往復4時間以上
かけて幕張まで持参したことも何度もあった。

印刷しようとしたらWi-Fiが不調で、PCからプリンタ
に送信できない。ケーブルもなく時間もなくて、
いささか慌てた。尤もネット提出でも締切間際になると、
WAKABAがつながりにくくて途方にくれるらしい。
何でもぎりぎりまで放っておく性格もそろそろ改めなく
ちゃ、とそれこそ60年以上反省しているのだが。

前回書いたように、放送大学のカリキュラムが改正された。
卒業要件の単純化と教育の体系化という目的はいいとして、
外国語の卒業要件がたった2単位というのはちょっと
世界の趨勢に逆行するんじゃないの?

放送大学の英語は、開学当初は大学として納得できる
レベルだった。特に英語IIB1や同B2は、初めて「英語で」
勉強したと思わせた。若い頃卒業した大学では「英書講読」
しかやったことがなかったので、放送大学の英語はかなり
評価できるという印象だった。

一つの外国語で8単位という第1期卒業生の卒業要件で、
「英語 IIA」は事実上の必修に近かったが、それを何度も
落としたという学生に、勉強会を作るから教えてくれと頼まれ
たことがあった。私自身は何とか1度でクリアしたものの、
英文科卒でもなく、仕事で英語を使っている専門家でもない
ので、到底できないと断った。ところが数回目にやっと合格
したその人は、赤ペンだらけのテキストを持参して、自分で
勉強会をつくってしまった。「自分は何度も落としてどこが
難しいか熟知している。自分の勉強法で@はとれない
だろうが、Cなら取れる。卒業目指して頑張ろう!」
微力ながらも他人の役に立つというのはこういうことか、
と放送大学の良さに触れた気がした。

その後中学レベルの易しい英語科目ができ、卒業要件も
緩くなって、ちょっとがっかりしたのだが、最近英語に
関してはやや難化した感じがある。初級段階の英語でも、
これまで勉強したことのない目新しい内容が織り込まれて
いて退屈しない。なかなかヤルナ!と思っていたのに、
今回の改正である。う~ん、これで国際社会でやって
いけるのだろうか。

私は開学以来、再履修制限のある科目は除いて、すべての
放送授業英・独・仏・露・西・アラ語科目の単位を取った。
取れなかったのは「韓国語II」02(都合で受験できず)と
「中国語III」04(最終試験に落とした)の計4単位だけである。
現在開講中の科目は未履修のものがかなり残っているが、まあ
放送大学外国語科目評論家の基礎資格ぐらいはあると思う。

次回は再入学の際の卒業要件の変更についての意見を書く。
(という具合に締めくくるとアクセス数が増える)(*^o^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月19日 (木)

 カリキュラム改正だって

放送大学来年度からのカリキュラム改正が発表された。
卒業要件の単純化と教育の体系化が目的だという。

これまでカリキュラム関係の大きな改正は何度かあった。
卒業要件と外国語単位に関する主なものをあげておく

【1985年】
 授業開始 3学期制
 卒業要件:
 ★基本・基礎科目 36単位(人文・社会・自然各2以上)
 ★第1外国語 8単位(一つの外国語で)
    基本・基礎・外国語のうち面接 6単位       
 ★保健体育 4単位(講義3、実技1)
 ★専門・総合 68単位(うち面接14)
        うち第2外国語または指定科目 4単位
    所属専攻専門科目 30単位以上           
 ★専攻特論 8単位
 ★以上合計で124単位
 (註)面接授業は放送授業と同一科目名で開設されており、
   放送授業試験合格後、面接の単位が認められた
 (註)指定科目は日本文化論、和・漢・西洋古典、各言語文化など
 (註)各外国語Iは週2回授業4単位で、進度が速くレベルも高
 (註)英・独・仏は放送授業で各10単位分開講された
 (註)この卒業要件は1988年改正、この要件での卒業生なし

【1987年】
 ★中国語I 4単位→ 中国語I,II,III.IV 各2単位になり中国語が
     第1外国語として認められるようになった
  
【1988年】(年度末に第1期卒業生)
 ★専攻特論 8単位→6単位(うち3単位は面接)
  ★専門・総合 68単位→70単位
 ★面接が基本・基礎・外国語から4以上、専門・総合から5以上
  専攻特論3 で合計20(専攻特論は必修なので実質20→17に)
 ★面接が放送授業から独立して面接だけの単位も認められる
    
【1989年】
 ★2学期制に移行
 ★英語IIなど中学レベルの易しい英語科目が開講

【1995年】
 卒業要件:
 ★共通・外国語・保健体育で36単位以上
 ★専門科目・卒業研究で64単位以上(うち所属専攻で36以上)
 ★いずれの科目でも履修可24単位
 ★専攻特論→卒業研究となり必修でなくなる。
  卒業研究をしない場合は所属専攻専門科目で6単位
 ★以上合計で124単位
 ★体育実技・保健体育3単位必修→2単位以上に
  実技は面接単位として認定
 ★外国語8単位→6単位(2つ以上の外国語でも履修可)         
 ★面接授業(20単位以上)の授業区分がなくなる

【1996年~2001年】
 ★単位認定試験を1時限100分にし、同一試験時間に
  2科目受験可。1科目受験の者は50分で退出。
  2科目受験の者は50分経過時に1科目の問題を提出。

【1998年】 衛星放送開始 全国化
    全科履修生入学時の最低10単位登録の廃止

【2000年前後】? 手元に記録も記憶もない。
 ★このころ卒業要件に放送授業94単位以上の縛りが
  加わる。90年代に面接単位90以上で卒業した猛者?
  がいたらしい。放送大学カリキュラム改正の中で唯一
  の難化である。

【2002年】
 ★韓国語I(02) 同II(02) 開講
 ★ドイツ語IV、フランス語IV、中国語IV 閉講 以後廃止

【2006年】
 ★エキスパート(科目群履修認証制度)開始
 ★アラビア語 2単位開講

【2009年】
 ★開学以来の「生活と福祉」「発達と教育」「社会と経済」
  「産業と技術」「人間の探究」「自然の理解」の6専攻から
  「生活と福祉」「心理と教育」「社会と産業」「人間と文化」
  「自然と環境」の5コース制へ。
 ★科目区分が基礎科目、共通科目、専門科目、総合科目、
  外国語(基礎科目)外国語(共通科目)の6区分へ
 ★ロシア語廃止

【2010年】
 ★ドイツ語、フランス語の第3段階が廃止

【2012年】
 ★中国語の第3段階が廃止

【2013年】
 ★「情報」コース新設 6コース制へ
 ★スペイン語の第2段階が廃止

【2016年】 カリキュラム改正(卒業要件)の要点
 ★外国語6単位→2単位で卒業可
 ★2009~15年の基礎科目・共通科目・専門科目・総合科目
  の区分を基礎科目・コース科目(導入・専門・総合)に変更
 ★基礎科目14(うち外国語2)・コース科目76(うち自コース34・
  他コース4)・科目区分なし34単位の計124単位で卒業
 ★放送授業で94単位・面接またはオンライン授業で20単位以上
 ★再入学の場合、直近卒業後に新規に自コースで16単位必要 

以上手持ちの資料とおぼろげな記憶で列挙して見た。
間違いもあると思うので、ご指摘頂ければ幸いである。

今回のカリキュラム改正については、2回目以降の卒業の
際の自コース専門科目と外国語科目の単位取得法に関して
賛否両論あるようだが、これについては次回のブログで
書いてみることにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

7回目の卒業式

昨日は放送大学7回目の卒業式だった。前世紀末に
6専攻卒業してグランドスラムを達成したあと、ずっと
選科履修生にしかなれなかったが、2年前に情報
コースが新設されて、放送大学入学以来ちょうど
30年で、グランドスラム+1を完走することになった。

以前からの知り合いで、今回同じく+1を獲得した男性は、
大学院も修了しておられて、放送大学8回目の卒業式
だそうだ。私より20歳年上の93歳。あやかりたいものである。

高齢女性は情報系は苦手だと勝手に思い込んでいる
人は結構多くて、私でも「え、情報ですか?」と珍しがられる。
とんでもない。私だって、生まれつきお婆さんだったわけ
ではない。35年ほど前にPCを始めた頃には、ピチピチ
ギャルとは言えないまでも、まだ30代で、それ以来旅先
でもない限り毎日PCと格闘した結果、やっと未熟ながらも
筋金入りのパソコン婆さんができあがったというわけである。

式後のパーティで、岡部学長とお話しする機会があった。
今、現役ビジネスマンが勉強したいと思っているのは
情報、英語、統計学、財務・会計だと思うので、是非
Political Economy of Japanのような科目を増やして、
英語だけで専門科目の単位を取得するようなコースを
新設して欲しい、とお願いしておいた。

学長のお話では、これまで団塊世代をターゲットに
してきたが、今後はもう少し若い世代に対象をシフト
していきたいとのことで、また新しいコースができて
もう一度卒業できる可能性があるような気がしてきた。
もっとも私は団塊世代よりさらに年長で、既に
ターゲットからは外れているのであるが。ちなみに
今回卒業の最高齢者は97歳だそうである。

30年前の入学当初から勉強したいと思っていた情報系
コースの卒業式を迎えることができて、嬉しい一日だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

【同時進行】「HTML5入門」(面)終了

5/20(火)、22(木)の2日間で「HTML5入門」(面)が終わった。
1日4コマ、2日で終わる面接授業は、体力的に
きついのでなるべく取りたくないのだが、情報系の
面接授業はPC使用の関係で、1クラスの定員が少なく、
取りにくいのでえり好みはしていられない。

朝10:00から夕方17:15までひたすらPCに入力する
作業は、歳のせいで白内障を患う眼(8月に手術予定)
にはかなりつらいが、授業そのものは面白くて、
全く眠くもならない。眠いのを我慢しながら一生懸命
聴く純講義系の授業に比べ、むしろ楽だった。

はじめてHP作りに挑戦したのは、前世紀の終わり頃、
放送大学同窓会連合会のHP開設担当を任されたのが、
そもそものきっかけである。当時、比較的高齢者の
多い同窓会役員には、その方面の専門家から全く
PCに無縁な人までいて、HPなど時期尚早との意見
もあった。私が担当に選ばれたのは、ド素人で
しかも高齢女性だったからである。「あの人でも
出来るのだから・・・」とハードルの低さの見本に
されただけのことだ。

初めてのHP作成は、当時Win98に付属していた
「FrontPageExpress」を使い、独力で簡単にできた。
最近は「HomePageBuilder」を使っているが、ロゴや
飾り文字、ボタン、壁紙、画面分割など全部ソフト任せで、
簡単に出来てしまう。画面のソースのタグなどほとんど
意識することもない。

今回改めてテキストエディタでソースコードを入力し、
ブラウザで確認しながらHPを作成していく手順を学んで、
HTMLのしくみとおもしろさがが何となく理解できた。

受講生は私のような初心者から、専門家まで。
アシスタントとして指導して下さったプロの技術者2人は、
実は前回の受講生だったというのだから、受講生の幅の
広さは恐ろしいほどである。おまけに講師の先生が、私と
同じ放送大学情報コースの学生で、今年度末の卒業を
目指しているというから笑える。一般大学ならあり得ない
話だ。

最後の時間にテストがあり、落とされてももう一度受講できて
むしろラッキーだと思えるほどだったが、問題は簡単だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

30年目、桜満開の新学期

昨日から新学期になり、放送大学第1期入学の私は
継続入学30年目を迎えた。現在の学生約85,000人の
うち、10代・20代が17%だそうだから、放送大学生
のうち約15,000人は、私がこの大学に入学してから
生まれたことになる。

この間毎学期必ず履修登録をしていたが、調べて
見ると2001年の1学期と2003年の2学期だけ単位
取得がない。ちょうどグランドスラムを達成して、
慶応通信と2重在籍していたころで、特に理由もなく
試験を受けなかったらしい。今から考えると惜しい
ことをした。継続記録は途絶えると取り返しがつかない。
まあ他人は誰も評価してくれないけど。

昨日東京文京センターで今学期受講予定のウイグル語
の先生とお話ししていたら、思いがけずセンター長の
岡野先生のお誘いを受け、近くの播磨坂を案内して
いただいて、満開の桜のお花見を楽しむことができた。
桜の木のないウイグル生まれの女性に、日本の見事な
桜並木をみせようという所長の配慮が嬉しかった。

こうした些細な非日常がモチベーションの維持に役立つ。
よし、今年も頑張るぞ! 今年こそ毎日こつこつ勉強
するぞ、と思いながら、そういえば昨日何もしていない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

面接授業追加登録 「統計+Excel」系 2科目get!

今日4/24は面接授業空席あり科目の追加受付初日だった。
新入学の学期は、入学時に面接授業の登録ができないので、
追加登録に頼らざるを得ない。

東京文京学習センターでは、朝10:00までに来た学生を対象に
抽選で受付順を決め、各科目空席数まで受付ける方式である。
一人あたりの登録科目数には制限がないので、受付順位が
遅くなるに従って、満席の科目が増えていく。

今回もくじ運が悪くて、総勢100名あまりの中で71番目
だった。私の希望は「基本統計学-理論と分析実習-」
と「基礎ビジネス統計演習」の2科目で、前者は定員24中
空席数はわずか2である。71番ではとうてい無理だと諦めて、
午後はやや空席が多い神奈川学習センターの方へまわる
つもりだったが、幸いなことに2つとも登録できた。

両科目ともExcelを用いた統計実習だが、平日授業なので
現役バリバリ世代は受講不可能で、他方専業主婦や
退職老人には敬遠されがちな科目だったからと思われる。
もっともこの私は、悪条件2つを兼備した老人専業主婦で、
担当講師に「大丈夫か?」と心配されそうな風体である。

情報コースの科目は現在のところ放送授業が24単位分しか
なく、卒業研究を選択するか、面接授業で残り6単位を取るか
しないと卒業できない。今回もできれば情報コースの面接
授業を取りたかったのだが、適当な科目に空席がなかった。
登録した科目はいずれも卒業要件には含まれないが、
卒業研究をするなら必ず役に立つ科目である。

86年3学期にとった「確率論・統計学」(4単位)は、複雑な
計算式の羅列で、自分に使いこなせるとは思えない内容
だった。前学期選択した「身近な統計」12は、いろいろな
データ処理をExcelが勝手にやってくれるという感じで、
これなら私にも扱えるという印象を受けた。4半世紀の
間に統計がいかに身近なものになったかがよくわかった。

最近、統計学こそ最強の学問という言葉を聞くようになった。
統計にだまされないように、統計に振り回されないように
しながら、最強の説得手段としての統計学を身につけたい
ものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

29年目の新学期 情報コースの全科履修生に

放送大学テレビ講義の最初に「放送大学30周年」の画面が
でるようになった。授業開始の1年前に創立されたことに
なっているようだが、第1期生である私はこの4月で学生
として29年目を迎えた。

1985年入学、89年に第1回目の卒業、その後2年ごとに
残り5つの専攻をそれぞれ卒業して、合計14年の最短で
グランドスラム第1号(2名)になったのが1999年。その後
もう全科履修生にはなれずにずっと選科履修生を続け、
併行して慶応大学通信課程も卒業したが、6専攻制から
5コース制に編成替えした放送大学に今春から新たに
情報コースが加わって、めでたくもう一度全科履修生に
なれることになった。グランドスラム(満塁ホームラン)を
打った打者が、喜び勇んで、もう一周ベースを回るような
心境である。

もし29年前に情報学専攻が設置されていたら、私は
ためらいもなくそれを最初に選んだだろう。当時、自分で
プログラムを打ち込まないと何もできなかったPCを
前に、聞く相手もなく全くの独学でいろいろ試していた
が、わからないことばかりで、まさに四苦八苦していた
からである。その頃情報系の基礎をしっかり学ぶことが
できたら、先頭集団のビリを走り続けていたに違いない。

それから30年あまり、情報機器の発展に取り残されない
ように懸命に努力を重ねては来たが、ずっと専業主婦
なので、かなり欠けている部分がある。現在の放送大学
の6コースのうちで、それぞれトップクラスの学力を持って
いる学生と私との差が、一番大きいのはたぶん情報
科学の分野である。ワード・エクセル・パワポは現代の
読み書きそろばんだとよく言われるが、ワード・エクセル
はともかく、パワポは実はこれまで私の人生で一度も
使う機会がなかった。放送大学の卒業研究は6回とも
選択したが、何しろ前世紀の話でOHP(といってももはや
死語か?)でプレゼンをした時代だった。

逆に放送大学で一番底辺の学生と私との差が大きいのも
たぶん情報科学のスキル部分だ。全くのPC初心者を対象
にした「遠隔学習のためのパソコン活用」13などは、試しに
聴いてみたが、やっぱり物足りない。

というわけでこれから2年間情報科学の学習にチャレンジ
することになる。卒業研究も是非やってみたいが、一体
どういうテーマなら可能なのか模索中である。

3月末にエキスパート11枚目の認証状「福祉コーディネータ」
が届いた。こちらも頑張らなくちゃね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

えっ! 単位上限が10なの?【名誉学生】

放送大学から名誉学生専用の出願書類がとどいた。
いつも遅い。ただし春から私は新設情報コースの
全科履修生になるつもりなので、この専用出願票
(選科生・科目生用)は今後最低2年間は無用である。

一応目を通してみたら、晴天の霹靂のような記載が
あった。名誉学生の特典がこれまでの全額無料から、
昨年8月に「来学期から単位数に上限を設ける」
同10月に「10単位を限度として半額を支援」
に変更されたことはこのブログでも書いたが、私は
10単位以上は全額自己負担になるだけだと解釈していた。

ところが後出し3回目。「自己負担であっても10単位を
超える単位を登録することはできません」とのこと。
これじゃ、エキスパート狙いにはつらい。エキスパート
グランドスラムを目指して以来、私の平均単位数は
1学期あたり15単位ほどである。

年金生活者なので、授業料半額をとるか、エキスパート
グランドスラム早期達成を優先するか、2年後には
決断を迫られることになる。

何よりも健康に気をつけることが最優先だが
こればかりは運を天に任せるほかはない。私も年相応に
あちこちガタが来て、昨年は20年ぶりに歯医者に通った。
もうこれであと20年は大丈夫かと思っていたら、今年も
また別の歯が悪くなった。あ~ぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

もう一人の「居座る」さんと再会

12/8、9の両日「論文のためのデータ処理の基礎」
面接授業に出てきた。新装の東京文京学習センター
に行くのは初めてで、そちらも楽しみだったが、
想像以上に立派で広々していた。放送大学の経費
のうち、学生の授業料でまかなえるのは1/4とか
昔聞いた覚えがあるが、何とも贅沢な造りである。

授業は要するにExcelの使い方の講習で、普段
何とか使っている表計算ソフトの、要領のいい使い方を
教えて貰った。2日間みっしり実習で、一瞬も気を
抜けなかったが、とても楽しく有意義だった。

最後に試験があり、制限時間1時間で配布された
データを用いてグラフを作るというものだったが、
これまでの面接授業の試験の中では、時間といい、
作業量といい、最もハードな部類に入ると思う。

一応受講要件が、数式のコピーや絶対参照が
理解できる程度ということもあって、14名の受講者
中に、足を引っ張る人もいなくて、小気味のいい
進行だった。

同じ科目ではないが、やはり面接授業を受けに
来ていたAさんに偶然出会った。1999年放送大学
最初のグランドスラマー2人のうち、もう一人の
女性で、彼女もまだ放送大学を続けていて、
私同様しつこい「居座り」さんである。お互い
放送大学学生生活28年になるが、まだまだ
当分現役を続けようということで、意見が一致
している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧