面接授業

2018年11月30日 (金)

【同時進行】通信指導締切寸前

「だから言ったじゃない!」と、自分で自分に言って見る。

新学期が始まって、のんべんだらりと何もしないうちに
通信指導の締切の日が来た。今学期は9科目(他に
前学期提出で未受験の物が1つある)。択一式ばかり
なので、3日前からテキストを適当にめくって、適当に
マルをつけて8科目は提出した。

残りは「Walking with Writers」16だけになった。当たり前
だが英語のテキストを読まなくてはならないので、
ちょっと他の科目とは勝手も難易度もちがう。実はこれ
だけはきちんと勉強しようと固く誓ったはずだったが、
試験はテキスト持ち込みなしなので、早くから勉強
してもどうせ忘れるだけだと都合の好い理屈をつけて、
例のごとくほっておいたのである。

昼過ぎから問題文(勿論これも全文英語でしかも
20問)を見ながら、必死でテキストの該当箇所を探して、
何とか15問クリアしたら、16:40になってしまった。
もう間に合わない。後はデタラメにマークすることにして、
Web提出したのが、締切5分前。結果は正答率12/20で、
多分これまでで最悪。

仕方がない、これから試験まで、しっかり勉強しようと
再び固く誓う(全くあてにならないのは、自分が一番
よくわかっている)。

実は3年前に面接授業「ヴァイオリンを学ぼう!」
がきっかけで60年ぶりに再開したヴァイオリンの
発表会の練習、暮れの大掃除、正月の一族会の
料理の準備、ニュージーランド旅行、某同窓会で
担当しているHPの再構築、夫の傘寿と私の喜寿
祝いなど、年末年始は後期高齢者の頭脳と筋肉の
キャパを超えた予定がいろいろあって、いっぱい
いっぱいなのに、今学期はあまり得意でない
心理学分野ばかりで、結構欝気分なのだが、
エキスパートグランドスラムには避けて通れぬ道、
ぼちぼち頑張ろう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

【同時進行】@4  A1  合1 エキスパートはおあずけ

システムWAKABAが少し変わって、成績開示の日でも
アクセスしやすくなったようだ。9時から全科履修生、
14時から選科生、科目生、院生と時刻を変えたせいか、
今回はすんなり入り込めた。ただし今年は例年より
1週間も遅い。今学期履修科目の成績と感想は以下の
通りである。

「英語で読む科学」15  @  併用式  辞書持込可
面接授業と同時履修だが、これまで英語では読んだ
ことのない理系の内容で面白かった。レベルはかなり
高いが、授業は丁寧でわかりやすい。
講義難度:難  試験難度:中  過去問と同問なし
リスニング試験:易

「大学マネジメント論」14   A   記述式
記述式だからか、やっぱり@は取れなかった。
大学は学生以外に多数の教職員を抱える
大組織なのに、これまで教育と研究以外の
マネジメント組織や経営のことなどあまり
考えたことがなかった。合格点をとるのは
楽だと思う。
講義難度:易  試験難度:中  過去問有効

「グローバル化と日本のものづくり」15 @ マーク式
日本のものづくりについて、比較的楽観的な未来像で
安心して聞いていられるが、だいじょうぶかな?
講義難度:易  試験難度:中 過去問有効

「ケースで学ぶ現代経営学」12  @  マーク式
成功例ばかり集めてどうなるんだよ、という印象。
「しまむら」は何故削除されたんだろう?
講義難度:易  試験難度:易   9/10過去問

「技術マネジメントの法システム」14 @ マーク式 持込可 
細かい法律が列挙されていて、到底内容はつかみきれ
ないが、試験は持込可なので、なんとかなる。そもそも
法律系は、どれだけ知っているかというより、どれだけ
すぐ調べられるかの方が大切なので、検索能力を鍛える
のがこの講義の目的かも。
講義難度:中  試験難度:易  10/10過去問

「英語で読む科学」(面)  合    


「Walking with Writers」16 未受験  来期受験の予定
「錯覚の科学」14  未受験   来期はアサイチの試験。
     おまけに心理系エキスパートの必修科目の試験が
     同日17:55からある。どうするか。
「財政と現代の経済社会」15  未受験  内容は面白そう
     だが、準備不足で受験できなかったために、今期は
     エキスパートが取れなかった。来期必受験。

次学期エキスパートはいよいよあまり好きではない心理学
分野に挑戦する。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

【同時進行】「英語で読む科学」(面)終了

「英語で読む科学」(面)の2コマ*4週間の面接授業が
やっと終わった。今学期、放送授業と同時受講なので、
最も試験準備に手を取られそうな科目がとりあえず
終了して、ちょっと得をした気分。そういえばもう
単位認定試験の受験票も届いているのだが、これ以外
は全く準備していない。大丈夫なんだろうか?

放送大学の英語は最近レベルの高い物が増えて
気を抜けない科目が多いが、これもその一つである。
確か小学校3年から英語を習い始めて75年以上、
理系の文章を読んだ記憶がない。

内容はネットサーフィンが脳に与える影響、脳に働き
かける化学物質、万有引力、芳香族化合物、量子力学、
膨張宇宙、言語を生み出す本能、科学革命などについて
一般向けに解説した英文を解読するものである。
当然単語も馴染みのないものが多く、そもそも日本語に
訳しても、理解できているとは言いがたい箇所もある。

  F = GMm / r^2 という公式を

F equals G maltiplied by the product of large M
and small m over r squared

と読むなんて、この年になるまで全く知らなかった。

面接授業はテキストの講読が丁寧すぎて、やや退屈である。
そもそも放送授業で、懇切丁寧に訳しているので、一応
予習していれば、もっとさらっと流してもいいかと思う。

但し、予習してきたことを前提に、各授業の最初に配布される
プリントには、難解な箇所の要約や構文をびっしり書き込んで
提出することになっていて、これはかなりハードである。

面接の受講者はいずれも英語には自信のありそうな比較的
高齢者ばかり。まずは満足できる面接科目だった。
今年で放送授業も最後らしいが、是非後継科目を開設して
ほしい。


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

【同時進行】またエキスパートプランが増えた

2/15にブログを書いて以来、4ヶ月が経った。あまりご無沙汰
していると、後期高齢者としては、皆様に余計な心配まで
おかけしているのではないかと身が縮む思いだが、なしにろ
毎度のことだが、なんとか索引を引きながら通信指導を提出した
以外、全く勉強していないので、書くことがない。
来週には「英語で読む科学」の面接授業が始まるので、何か
ネタを探しておかなければ、と思っていたら、昨日思いがけない
ニュースが入ってきた。

エキスパートのプランがまたまた増える! 今度は「データ
サイエンス」だそうだ。データサイエンティスト、アクチュアリー、
データアナリストを目指すんだそうだ。アクチュアリーって何?

若い頃、理系の勉強がしたかったのに、何となく文系に入学
してしまったからか、放送大学では理数系・情報系の科目が
魅力的に思える。今度のプランはもう少し勉強したかった
情報系科目が主なので、私にとっては好都合だが、同じこと
なら、情報コースに全科生として在学しているときに開設
して欲しかった。卒業してしまうと、やっぱりモチベーションの
点でいまいちである。

勉強はしていないが、春以来、放送大学との接触が全くない
わけではない。放送大学某同窓会(学習センター毎に全国で
50程ある)のHPを担当しているので、総会・懇親会などの直後は
更新しなければならない箇所がかなりある。なんとか見栄えの
するかっこいいページを作りたいと工夫を重ねている。

エキスパートグランドスラムがまたまた少し遠のいたようだが
今年も健康に気をつけて、放送大学34年目を乗り切りたいと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

【同時進行】「サンスクリット語(梵語)」(面)終了 疲れた

8週にわたって開講された「サンスクリット語」(面)が終了した。
めちゃめちゃ進度が速くて、しかも難しい。

初回30名の受講者で、最後まで残ったのが19名。超優等生
一人を除いて、私を含めて多分全員が落ちこぼれていると思う。
毎回短文和訳の宿題が10~15題ほど出るが「わかりません」
という学生も多く、だいたい2回まわってくる。何とか宿題の辞書
が引ける私は、落ちこぼれでもマシな方かなと安堵する。

最初の関門のデーバナーガリー文字(33文字)は、一日一字
覚えるのが目標だったが、とうとう覚えきれなかった。ただし
授業はローマ字アルファベット表記でやるので、とりあえ
ず読みは何とかなるが、辞書は本来の文字順なので、結構
戸惑う。ローマ字表記で日本語を習っている外国人が、50音
順のローマ字辞書を引くのが大変なのと同じである。

進度はとにかく速い。186頁のテキストの文法の主要部分は
何が何だかわからないままにほとんど終わった。これは
これで優れた教授法だと思う。サンスクリット語の文法構造
の概略がおぼろげながらつかめる。最初に全体を見渡して、
必要な時に最初から丁寧に見直すというのが、語学上達の
王道だというのが私の持論である。

受講者が完全に理解するまで懇切丁寧に教えていたら
多分8回では最初の名詞・形容詞の格変化すら終わらな
かっただろう。何しろ男性・女性・中性の3つの性、単数・
双数・複数の3つの数に加えて主格・呼格・対格・具格・
為格・奪格・属格・処格の8つの格があって大変だが、
最低でも動詞の活用までやらないと文は全く読めない。

もっとも、インドヨーロッパ語族に属するので、単語や
数は何となく馴染みのあるものもある。実際は単語まで
は到底覚えきれなくて、「バイアグラ」が「虎」の意だと
わかったのが唯一の成果だとは、何とも情けない。

先生でも昔初めてサンスクリット語を学んだときは、
1年では単位が取れなくて、次の年やっと合格したと
おっしゃっていた。来年も継続されるようなので、
是非もう一度挑戦したい。多少知っているだけで、
自己満足に浸れる希有な科目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

【同時進行】サンスクリット語(面)始まる

10/20からサンスクリット語(面)の授業が始まった。
平日に1コマずつ8週の授業で、会場は茗荷谷駅から徒歩
15分の他大学。しかも、あまり人生の役に立ちそうもない。

私には飛びつきたいほど魅力的な科目だが、一体他に
誰が受講するのだろう。もし1対1に近い状態で、しかも
全くついていけなかったらどうしようか、とおそるおそる
足を運んだら、びっくり仰天だった。

なんと定員30名満杯。一人の欠席者もない。スワヒリ語
やウイグル語、アラビア語の面接授業で見かけた面々
もお揃いで、放送大学にはこんなに語学マニアが
多かったか、と改めて感心する。しかも既にサンスク
リット語の知識がかなりありそうな方もいらっしゃる。

初回はインド・ヨーロッパ祖語がインド・アーリアへ
広がっていく歴史的過程の説明で、言語学的な
内容だったが、次回からいよいよ、あのわけの
わからないデーヴァナーガリー文字の学習に入る。

いまのところ全くちんぷんかんぷんの文字だが、
ロシア文字、ハングル、アラビア文字、ギリシア文字
簡体字などもなんとか2週間もあれば読めるように
なった。日本人なら誰でもひらがな、カタカナ、1000字
以上の漢字が読み書きできるのだから、まあ
大筋ぐらいは理解できるようになると期待したい。

会場の国際仏教学大学院大学は、入学定員4名
の5年一貫制博士課程のみの大学院大学で、
現学生数12名。徳川慶喜旧邸跡の校地9,107㎡に
6,241㎡のモダンな校舎が建っている。学生一人
あたりの校舎面積が520㎡というあり得ない環境。

全く余談だが慶喜の側室で、子ども6人を生んだ新村
信子は、広辞苑編纂者で文化勲章受章者の新村出
博士の義理の姉(側室に上がる為に新村家の養女に
なって家柄の体裁を整えた)だそうである。私は晩年
の新村出博士にお目にかかったことがあり、感覚的
には新村氏は現代人、徳川慶喜は全く歴史上の
人物で、このミスマッチには驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

【同時進行】@5 A2 B1 合1でエキスパート22/28までget

1学期の試験結果と成績が発表された。受験科目の
感想と成績を書いておく。

「ドイツ語2」15 B     持込不可 マーク式
ドイツ語はずっと@を取ってきたので、ちょっと舐めて
いたが、文章は読めても、細かい文法を問われると
怪しいということがわかった。テキストはサスペンス
仕立ての物語になっていて、結構おもしろい。
講義難度 中  試験難度 中

「英語事始め」17 @ テキスト・辞書持込可 マーク式
テキストをパラパラ見ただけで、あまり勉強もせず
受験した。私には易しいと思えたが、2ちゃんねるでは
難しいという意見が多かった。32年放送大学を続け、
英語の単位を59単位取得した成果が多少は出ている
としたら嬉しい。試験ではテキストも辞書も使わな
いですませたが、いちいち丁寧に確認していたら、
時間が足りないと思う。
講義難度 易   試験難度 易

「技術経営の考え方」11 A  テキスト持込可 マーク式
(前学期終了科目で「同」17は持込不可なので要注意)。
エキスパートの必修科目なので取ったが、東教授の担当
分野以外はあまり興味が持てない。
講義難度 易  試験難度 易

「博物館概論」11 @  テキスト持込可 マーク式
前回「物理の世界」11が準備不足と実力不足で受けら
れなかったために、「同」07のエキスパート有効期限が
きれて再履修する羽目になった科目。あまり興味が
持てないし、平均点も高すぎて、やる気も起きない。
前世紀に取った「博物館学1」「同2」の通信指導
課題は、実際に博物館を訪問して記述式のレポート
を書くという骨のある内容だったが、大学の全国化・
大規模化で、もうそんな中身の濃い通信指導は
望めないようだ。
講義難度 易  試験難度 易

「初歩からの化学」12 A   持込不可 マーク式
高校時代化学は得意科目だったが、60年近く経つと
当然ながら新しい分野ばかりで、興味深いが難しい。
若い頃語呂合わせで覚えた周期表、イオン化傾向
などは今でもしっかり覚えていて、大いに役に立った。
講義難度 難(私には)   試験難度 難

「生物環境の科学」16 @ 持込不可 マーク式
生物系の導入科目でわかりやすい。通信指導や
自習型問題、過去問の解説が懇切丁寧で、
加藤教授のやる気が伝わってきて、好感がもてる。
講義難度 中  試験難度 中

「動物の科学」15  @  持込不可 マーク式
来学期に回そうと思っていたら、試験日程の都合で
急遽受験することにしたので、まる1日でテキストだけ
拾い読みした。かつては難科目と定評があったが、
最近やや平均点が上がっているようで、何とか
助かった。
講義難度 難   試験難度 難

「生物の進化と多様化の科学」17  @  持込不可 マーク式
今回と次回は生物系をまとめて受講することに
なるのでお互いに関連する内容も多く、理解しやすい。
放送大学で勉強したかったのは、こういう科目なのね、
という満足度が高い内容である。
講義難度 難  試験難度 難

「長唄~遊びの文化・歌舞の菩薩」(面)  合

この結果エキスパートは
【自然系博物館】【環境科学】【宇宙地球科学】
【工学基礎】の4プランを一挙に獲得することが
できた。昨年1年間はゼロだったので、やっと
ペースを取り戻した感じである。22/28まで来た。
あと少し。頑張ろう!

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

【同時進行】サンスクリット語(面)やってみたい

昨日1学期の単位認定試験が終わった。登録11科目
のうち8科目しか受験できなかったが、この解放感は
何物にも代えがたい。おまけに今月は幸いなことに
まだ1日残っていた。7月中に終わらせたかった懸案
事項を片付けるのに、この1日は貴重だ。

まず庭の雑草を引き、さらに頑張って50本あるカイヅ
カイブキの生垣の剪定をする。生垣は昔は私一人の
担当で、秘かに楽しみでも自慢でもあったのだが、
最近は退職した夫と2人でやるので、仕事ははかどるが、
達成感はいまいち。なんとかグーグルストリートビューに
撮影されてもいい程度にはなった。これが怖いから最近
は道路際を念入りに手入れする。

試験結果は自信満々とは言いがたいのだが、一応通った
ことにして、来期の登録科目を物色する。次のエキスパート
は、今期積み残しの「生命科学」に加え「ものづくりMOT」の
2プランを狙う。今期受験した科目が皆合格ならば、エキス
パート全28プランのうち22まで到達したはずである。
いよいよゴールが見えてきた気がする。あと3年、頭と
身体の健康に気をつけなくちゃね。

            (今学期受験科目の成績は17/08/18に加筆)                           
エキスパート「生命科学」プラン ○選択必修 ●選択
 ○「食と健康」12  12年1学期 @
 ●「食品の安全性を考える」08 12年1学期 @
 ●「バイオテクノロジーと社会」09 12年1学期 @
 ○「感染症と生体防御」14 16年2学期 @
 ○「初歩からの生物学」14 16年2学期 @
 ●「生物の進化と多様化の科学」17 17年1学期 @
 ○「動物の科学」15 17年1学期 @
 ○「生命分子と細胞の科学」13  登録未受験
 ●「疾病の成立と回復促進」17  登録未受験
 ●「暮らしに役立つバイオサイエンス」15  登録未受験

エキスパート「ものづくりMOT」プラン
            ◎必修 ○選択必修 ●選択
 ●「環境と社会」09 11年1学期 A
 ●「バイオテクノロジーと社会」09 12年1学期 @
 ●「問題解決の進め方」12  14年2学期 A
 ●「日本の技術革新」08  11年1学期  A
 ●「コンピュータのしくみ」08  13年1学期  @
 ●「産業とデザイン」12  14年1学期  @
 ◎「技術経営の考え方」11 17年1学期 A
 ●「暮らしに役立つバイオサイエンス」15 登録未受験
 ◎「新しい時代の技術者倫理」 新規登録
 ●「海から見た産業と日本」16 新規登録
 ●「技術マネジメントの法システム」14 新規登録

エキスパート以外
  「英語の軌跡をたどる旅」13  新規登録
    「英語で読む科学」15      新規登録
  「和歌文学の世界」14       新規登録
  「サンスクリット語(梵語)」(面) 新規登録
 
若い頃卒業した大学には、サンスクリット語が文学部
専門科目として開設されていて、2回生(関西の大学
では○回生と言う)以上ならどの学部の学生でも
選択できた。大いに興味があったが、それ以外の語学で
いっぱいいっぱいで、到底手が回らなかった。
放送大学でサンスクリット語が勉強出来るなんて、
思ってもいなかった。もう他の面接科目名が眼に入らない
ぐらいサンスクリット語に魅了されている。金曜日毎に
全8回の授業で、負担が大きいので、来期の面接
授業はこれだけに集中することにする。英語2科目は
どちらかは積み残して来期受験にする予定である。
何か科目を残しておかないと、試験後2ヶ月の休み
の間にすることがなくてさびしい(といいながら、
実際にはやったことがない)。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

【同時進行】三味線実技面接授業終了

6/17、18の2日間で神奈川での「長唄~遊びの文化・歌舞の
菩薩」面接授業が終了した。

タイトルだけでは?? 「「遊び」の中に和の伝統を見いだし、
長唄の鑑賞と三味線の実技を通して・・・」とシラバスに書い
てあるが、私の興味は三味線実技の一言だけである。

先々学期はバイオリン、先学期は箏演奏の実技科目に挑戦
してきた。バイオリンはともかく、箏と三味線は初めてである。
後期高齢者のこの年になっても、人生やり残したことは多い。
今から新しいことが経験できるなんて、ありがたいことだ。
尤も、毎回希望者が多くて、抽選はかなりの高倍率だとか。
私はラッキーだったらしい。

なにやら由緒ありそうなお名前の講師は、二期会会員の西洋
音楽の声楽家で、勿論三味線のプロでもあるということにまず
驚かされた。

一人1台用意された三味線におそるおそる触れて、まず気に
なるのが調弦法。手にした楽器は相対音でドソドの音程で、
これは二上がりという調弦法らしい。バイオリンなどとは違い、
唄い手のキーに合わせて、音程はかなり自由に変えられる
ということだ。よし、これでどんな曲でも弾けそうだ。

三味線は猫の皮を貼ると思っていたが、30棹もの三味線を
運び込んで2日間ずっとつきっきりだった老舗和楽器店主
のお話では、現在は犬の皮が多用されているそうで、今回
の楽器も犬。他にはカンガルーや山羊などもあるらしい。

実技は「元禄花見踊」の前弾き部分他だが、最初に
コリャ大変!と想像したよりはるかに上手く弾けるように
なった。勿論楽器演奏が2日で形になるわけはないが、
自分では満足できる程度に上達した。

最後に一人一人個人指導がある。皆それぞれ練習する
大音響の中で、私は秘かに「アイネクライネムジーク」の
冒頭部分や「買い物ブギ」の最後の部分を弾いて見た。
バイオリンを習っているおかげで、左手の動きは多分
他の初心者より楽である。初心者用に棹部分に貼られた
マークを見なくても何とか手探りで指が移動できる。

三味線のイメージは一般には歌舞伎、芸者、門付け
などだろうが、私世代だと、「かしまし娘」の陽気な歌謡
漫才を思い出す。三姉妹の長姉正司歌江の達者な芸
は今でもYouTubeで見られる。彼女はバチではなく
ピックを使っていて、この方が弦の弾き間違いがなさそうだ。
実は戦後まもなく大流行した笠置シズ子の「買い物ブギ」
の伴奏も三味線だと思い込んでいたが、今回ネットで
確かめたら洋楽器だった。作曲者は服部良一とある。

来学期も授業はあって、科目名が変わるので抽選
次第ではまた取れるようだ。もういっぺんチャレンジ
して見たい科目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

【雑談】超ヤバッ! 間違えた

とうとう脳の賞味期限がきたかもしれないが、おかげで
ブログネタができた。新年度始まってはや1月、たまには
ブログを更新しなければ、養老院かひょっとしたら鬼籍に
でも入ったと思われないかと気になっていたのだが、
勉強とはご無沙汰な日常なので、書くことがなかった。

今日は今学期最初の面接授業の初日、「音楽学入門」。
最初に出席をとる。あれっ !? 私はなにしろ1985年入学の、
放送大学では化石みたいな古株なので、いつも最初に
名前を呼ばれるのに、最後まで呼ばれなかった。

「名前を呼ばれなかった方いらっしゃいますか?」「はいっ」
自信満々手を挙げる。名簿にないらしい。「事務所で確認
してきます」。自分が間違っているなど微塵も思っていない。

事務所では自分の不注意と過信を反省するはめになる。
「登録済みなのは「音楽入門」で5月の授業ですね」。
そういえば登録の際は同じ学習センターで「音楽学入門」
と「音楽入門」があることは承知していた。登録後、メモ
代わりに間違った方をHPから印刷してしまったのが
失敗の原因である。

選科履修生には入学学期の面接授業1覧の冊子は送ら
れてこない。あの分厚い冊子は、送るのも無駄捨てるのも
面倒で、ネットで十分と思っていたが、やっぱり冊子の方
が一覧性があって間違いがすくないのかな、と改めて気
づく。多分冊子があれば今回の間違いはなかったと思う。

紙の辞書の方が一覧性で勝れているので、電子辞書は
使わないと頑固に主張する人もいるが、なるほど一理
あると言うことがわかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧